[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

スループット (throughput)

pointこの用語のポイント

point処理能力のことだよ

point一定時間にどれくらいのお仕事を処理できるかだよ

point通信の分野では通信速度を意味するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

スループット (throughput)とは

一定時間にどれくらいのお仕事を処理できるか?のこと。
要するに

処理能力のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

一定時間にどれだけのお仕事を処理できるか?をカッコつけて言ったのが「スループット」です。
具体的に何を指すかは、登場するシチュエーションによって異なります。

よく登場するのは通信関係ですね。
通信関係で登場する「スループット」は「一定時間にどれだけのデータ転送できるか?」つまり通信速度を意味します。

また、スループットの説明を読んでいると「その機器によって送信フレームが損失しない最大レート」なんていう小難しい表現が登場することがありますが、難しく考える必要はありません。
車の運転をイメージしながら「事故に遭わないのを前提に出せる最高速度」と読み替えてください。

・送信フレームが損失しない(事故に遭わない)
・最大レート(最高速度)


です。

スループット

要するに「安全運転で、どれだけかっ飛ばせるか」ということですね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「スループット」って単語が出てきたら「処理能力のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク