[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

殺す

pointこの用語のポイント

point俗語だよ

point終了させることだよ

point無理やりだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

殺すとは

プロセスなどを無理やり終了させること
です。

image piyo

詳しく書くよ

プロセスは「メモリを使って、なんかやっているプログラムひとつひとつ」ね。
プログラムは、動いていればメモリを使っています。
よく分からなければ「実行中のプログラム」と読み替えてください。

殺す

このプロセスを無理やり終了させるのが「殺す」です。
こちらの問いかけにうんともすんとも言わない反応がなくなったプロセスや暴走して制御不能になったプロセスを無理やり終了させる行為を指します。

殺す2

例えば「が死んでるのに孫が生きててさ~」や「孫も殺しておかないとマズいじゃん」のような物騒な言葉が飛び交っていても気にしないでください。
子プロセスが終了したのに孫プロセスが残ってるんだよね~」「孫プロセスも終了させないとヤバくね?」と言っているのです。

それにしても「死ぬ」とか「殺す」とか物騒な業界ですね。

ちなみに「死ぬ」は「終了すること」を意味します。

殺す3

どちらかといえば、意図しないで終了しちゃった状況を指して「えっ?!こいつ死んじゃったの?(あれ?強制終了した?)」などと使う場合が多いですが、意図的に終了させて「早くお家帰りたいんだから、さっさと死ねー(さっさと終了処理終われ―)」と言う場合もあります。

せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「殺す」って単語が出てきたら「無理やり終了させるんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク