[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Windows Storage Server

pointこの用語のポイント

pointOSだよ

pointWindowsだよ

pointNAS(ネットワークを経由して使える外付けハードディスク)用だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Windows Storage Serverとは

NASに突っ込むことを想定して作られたWindows。
もう少し噛み砕いて書くと

ネットワークを経由して使える外付けハードディスクのOS(パソコンさんの人格に相当するソフト)として使うことを想定して調整されたWindows Server
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

NAS(ネットワークアタッチトストレージ)は「ネットワークを経由して使える外付けハードディスク」ね。
みんなで使えるファイル置き場です。

普通の外付けハードディスクは、パソコンさんにプスっと挿して使います。
プスっと挿されたパソコンさんは、挿した外付けハードディスクを自分のハードディスクとして使うことができます。

Windows Storage Server

それに対してNASは、ネットワークにプスっと挿して使います。
プスっと挿されたネットワークの中にいるパソコンさんは、挿した外付けハードディスクを自分のハードディスクとして使うことができます。
ただし、みんなが自分のハードディスクとして使えるので、結果としては共有してる状態になりますけどね。

Windows Storage Server2

さて、このNASですが、ネットワーク越しに他のパソコンさんとやり取りをします。
そのため、NASの中にはOSが入っています。

ちなみにOSは、パソコンさんの「これが無いとパソコンじゃねーよ」な基本ソフトね。
パソコンさんの人格に相当するソフトで、パソコンさんはOSを入れることで、はじめてパソコンとしてのお仕事ができます。
※パソコン以外でも使われる表現ですが、考え方は同じです。

Windows Storage Server3

NASに使われているOSは、Linuxであることが多いです。
Linuxは無料ですからね。安上がりです。

しかし、天下のマイクロソフトさんが、そんな状況を見過ごすわけがありません。

そんな経緯……かどうかは知りませんが、マイクロソフトさんもNAS用のOSを作りました。
それが「Windows Storage Server」です。

Windows Storage Server4

「NAS用のOS」という表現が分かりにくければ「みんなで使えるファイル置き場を機能させるために必要なソフト」程度にお考えください。
そのソフトのうち、マイクロソフトさんが作ったものがWindows Storage Serverです。

Windows Storage Serverは、サーバサービスを提供するコンピュータ)用のWindowsである「Windows Server」をベースに作られています。

私も詳しいことは知りませんが、きっとWindows Serverからファイル置き場として使う上で不要な機能を削ったOSがWindows Storage Serverなのでしょうね。

Windows Storage Serverが何かを理解する上でのポイントは

・NASにはOSが必要
・マイクロソフトさんがNAS用に作ったOSがWindows Storage Server
・Windows Storage ServerはWindows Serverがベースになっている


の3点です。
あとの細かいことは、頑張ってマイクロソフトさんの解説ページで、お勉強してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Windows Storage Server」って単語が出てきたら「NAS(ネットワークを経由して使える外付けハードディスク)用のWindowsなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク