[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ネットワークアタッチトストレージ (NAS)

pointこの用語のポイント

pointデータをしまっておく箱だよ

pointネットワークを経由して使えるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ネットワークアタッチトストレージ (NAS)とは

データの保存に特化したファイルサーバのこと。
言い方を変えると

ネットワークを経由して使える外付けハードディスクのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

その名の通り「ネットワーク(network)に取り付けた(attached)データをしまっておく箱(storage)」が「ネットワークアタッチトストレージ」です。
長ったらしいので「Network Attached Storage(ネットワーク・アタッチト・ストレージ)」の頭文字を取って「NAS」と呼ばれることが多いです。
※本ページでも以降は「NAS」と表現します。

ネットワークアタッチトストレージ(NAS)

あなたは「ファイルサーバ」という用語をご存知でしょうか。
ファイルサーバは「ファイル置き場になっているコンピュータ」です。

ネットワークアタッチトストレージ(NAS)2

このファイルサーバの中でも、データの保存に特化したものがNASです。
一般的に「ファイルサーバ」と言った場合は、普通のコンピュータをみんなで見られるようにして、ファイル置き場にしている場合も少なくありません。
他の用途にも使えるコンピュータ(サーバ)を「これをファイル置き場にしよう!」と決めて使っている、役割としてのファイルサーバです。

そうではなく、最初からデータの保存に特化して作られているのがNASです。
(たまに例外がありますが)基本的には、ファイルの保管以外のお仕事はできません。
その代わり、ファイルの保管なら任せておけよ!なスペシャリストです。

あるいは、そうですね。
見方を変えると、ネットワークを経由して使える外付けハードディスクとも言えます。

普通の外付けハードディスクは、パソコンさんにプスっと挿して使います。
プスっと挿されたパソコンさんは、挿した外付けハードディスクを自分のハードディスクとして使うことができます。

ネットワークアタッチトストレージ(NAS)3

それに対してNASは、ネットワークにプスっと挿して使います。
プスっと挿されたネットワークの中にいるパソコンさんは、挿した外付けハードディスクを自分のハードディスクとして使うことができます。
ただし、みんなが自分のハードディスクとして使えるので、結果としては共有してる状態になりますけどね。

ネットワークアタッチトストレージ(NAS)4

これがNASです。
「ネットワークに挿す外付けハードディスク」の方が分かりやすいですかね?

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ネットワークアタッチトストレージ(NAS)」って単語が出てきたら「ネットワークを経由して使えるハードディスクなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク