[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

バーストモード (burst mode)

pointこの用語のポイント

pointバースト転送を行いまっせ!な転送モードだよ

pointあるいは、iPhoneに付いている写真を連続撮影する機能のことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

バーストモード (burst mode)とは

バースト転送を行いまっせ!な転送モードのこと。
あるいは

iPhoneについている、シャッターを長押しすることで写真を連続撮影する機能のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

バーストは「オラオラオラオラ~!」ね。
短期間で集中的に何かをしたり何かが起こったりすることです。

バーストモード

バースト転送は「宛先の指定などの手順を一部省略することによって、短時間で一気に送る転送のやり方」です。
宛先の指定は最初の一回だけ行い、あとはオラオラオラオラ~!と連続でデータを送り付けます。

バーストモード2

このバースト転送をしまっせ!なモードが「バーストモード」です。
データ転送のやり方を示す用語ですね。
おそらく「ノーマルモード」「バーストモード」みたいなモードがあって、切り替えができるのでしょう。

……というのが、もともとのバーストモードの意味ですが、iPhoneさんでも「バーストモード」という言葉が使われるようになりました。
iPhoneさんで登場するバーストモードは「写真の連続撮影」です。

私はiPhoneユーザではないので実際に使ったことはないのですが、iPhoneさんのカメラは、シャッターボタンを長押しすることで、パシャ!パシャ!パシャ!パシャ!と写真を連続撮影してくれるのだそうな。
そのパシャ!パシャ!パシャ!パシャ!な連続撮影モードを「バーストモード」と言うのだそうです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「バーストモード」って単語が出てきたら「バースト転送を行いまっせモード、あるいはiPhoneの連続撮影機能のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク