[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

バースト (burst)

pointこの用語のポイント

pointオラオラオラオラ~!だよ

point短期間に集中したよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

バースト (burst)とは

オラオラオラオラ~!のこと。
もう少し真面目に書くと

「やっべ!それって破裂しちゃうんじゃね?!」ってくらい短期間に集中的にわ~っ!って何かをする(何かが起きる)こと
です。

image piyo

詳しく書くよ

「バースト(burst)」自体の一般的な意味は「破裂する」や「爆発する」の意味です。

ただしIT関連では、主に「バースト○○」という形で「短期間に集中して○○した(なった)」の意味で登場します。
擬音で表現すると「オラオラオラオラ~!」ですね。

バースト

例えば、手順を一部省略することによって短時間で一気に送る転送のやり方を「バースト転送」と言います。

バースト2

このバースト転送を行うときの転送モードには「バーストモード」という名前が付いています。

また、短時間で一気に発生したトラフィック、つまり瞬間的にわーっ!と情報が流れることを「バーストトラフィック」と呼ぶ場合もあります。

バースト3

他にもいろいろあると思いますけどね。
「短期間に」「たくさんの」何かがオラオラオラオラ~!するのが「バースト○○」です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「バースト」って単語が出てきたら「短期間に集中的にオラオラオラオラ~!なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク