[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.bak【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointバックアップしたファイルによく付くよ

pointファイルの中身が何かはケース・バイ・ケースだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.bak【拡張子】とは

バックアップしたファイルによく付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「バックアップ」と「拡張子」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

バックアップは「同じ物を複製して保管しておくこと」です。
ぶっ壊れたり失くしたときの備えです。

.bak

例えば、失くなったら困るファイルコピーして、別のところに保管しておいたりします。
同じファイルが複数あれば、そのうちの1つが失くなったり壊れても元に戻せますからね。

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.bak2

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.bak3

以上を踏まえて、バックアップしたファイルに、よく付ける拡張子が「.bak」です。

.bak4

「bak」の読み方については「バック」や「ビーエーケー」と読む人が多いと思います。
個人的には「バック」読みです。

注意点として、別に「バックアップファイルの拡張子は『.bak』にしなさい」という決まりがあるわけではありません。
「bak」の文字から「backup」を連想しやすいので、慣例としてよく使われるだけです。

ただし、慣例は慣例でも、かなり一般的に浸透している慣例です。
自動でデータのバックアップを取るソフト出力するバックアップファイルは、拡張子が「.bak」であることが多いと思います。

拡張子が「.bak」のファイルは、その多くがバックアップしたファイルです。
中身は、何をバックアップしたかによって異なります。
つまり、中を見たり編集するときに使うソフトもケース・バイ・ケースです。

テキストファイル(中身が文字だけのファイル)のバックアップであれば、メモ帳などのテキストエディタで閲覧・編集できます。

.bak5

画像ファイルのバックアップであれば、閲覧・編集するためにはペイントなどの画像編集ソフトが必要になるでしょう。

.bak6

ピヨピヨソフトで使うデータのバックアップであれば、ピヨピヨソフトが必要なはずです。

.bak7

拡張子が「.bak」のファイルは、拡張子からファイルの種類を判断できません。
拡張子が「.bak」のファイルを見かけたら、まずは、それが何のファイルのバックアップなのかを判断してください。
それが、閲覧・編集のやり方を判断する上での最初の一歩です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.bak」って拡張子が付いていたら「バックアップしたファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク