[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.fcgi【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointFastCGIの仕組みで動くファイルに付けるよ

point実際には、あまり見かけないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.fcgi【拡張子】とは

ファイルの種類を表す目印(拡張子)のひとつ
であり

FastCGIの仕組みで動くプログラムファイルによく付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

CGI
FastCGI
拡張子


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

CGIは「Webサーバホームページファイルを置いておくコンピュータ)上にあるプログラムを実行するための仕組み」です。

例えば、とあるパソコンさんから「ホームページのファイルをちょうだい」という注文が入ったとしましょう。

.fcgi

普通のホームページでは、事前に作っておいたファイルを渡します。

.fcgi2

それに対してCGIでは、Webサーバ上にいるプログラムさんが、その場でホームページのファイルを作って渡してあげます。
ホームページのファイルを作るときには、ついでに他のお仕事をすることもできますよ。

.fcgi3

FastCGIは「一度動き出したプログラムはしばらく待機させて、起動・終了処理を省略するようにしたCGIの改良版」です。

CGIの仕組みにおいて、Webサーバ上にいるプログラムさんは、普段は寝ています。

.fcgi4

「ホームページのファイルをちょうだい」の注文が入ると起きて仕事をしますが、終わるとまた寝てしまいます。

.fcgi5

つまり、注文が入る度に起きる時間と寝る時間が必要になるということです。

これは、ちょっと非効率ですよね?

そこで、プログラムさんに、一度起きたらしばらく寝ないようにお願いしました。

.fcgi6

これで、プログラムさんが起きている間に次の注文が入れば、すぐに次のお仕事を始められます。

.fcgi7

この仕組みがFastCGIです。
役割はCGIと同じですが、一度起きたプログラムさんにしばらく起きていてもらうことで、起きる時間と寝る時間を短縮できます。
それに伴い、処理の高速化と負荷の軽減が見込める理屈です。

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.fcgi8

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.fcgi9

以上を踏まえて、CGIの改良版であるFastCGIの仕組みで動くプログラムファイルに付く拡張子が「.fcgi」です。

.fcgi10

「fcgi」の読み方については「エフシージーアイ」と読む人が多いと思います。
そのまんま、アルファベット読みですね。

みなさんは、拡張子が「.cgi」のファイルを見たことがありませんでしょうか。
ホームページの住所(URL)を見ていると、例えば

http://www.example.com/mailform.cgi

のような形で目にすると思います。

この「.cgi」という拡張子は、CGIの仕組みで動くプログラムファイルに、よく付く拡張子です。
同じ理屈で、FastCGIの仕組みで動くプログラムファイルに付ける拡張子として「.fcgi」があります。

実際には、拡張子を「.fcgi」にしなくてもFastCGIを使えるようにできますけどね。
そのせいか、拡張子「.fcgi」を見かける機会は、あまり多くありません。
私も直接見たことは数えるほどしかなかったりします。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.fcgi」って拡張子が付いていたら「FastCGIの仕組みで動くプログラムファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク