[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ルートヒント

pointこの用語のポイント

pointDNSルートサーバさんはどこにいますよ~な情報(ヒント)だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ルートヒントとは

「DNSルートサーバさんはどこにいますよ~」な情報(ヒント)。
あるいは

「DNSルートサーバさんはどこにいますよ~」な情報(ヒント)が書いてあるファイルのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※説明が長くなってしまうので、このページの説明は「DNS」「DNSサーバ」「フルサービスリゾルバ」「権威DNSサーバ」「DNSルートサーバ」の意味と関係性を理解している前提で記載します。
簡単に補足はしますが、可能であれば、上記の用語の意味を理解してからご覧ください。


それでは順番に見ていきましょう。

DNSサーバにはフルサービスリゾルバ(DNSキャッシュサーバ)と権威DNSサーバ(DNSコンテンツサーバ)の二種類があります。

一般的には、パソコンさんからの問い合わせはフルサービスリゾルバさんが受け付けます。

ルートヒント

フルサービスリゾルバさんが問い合わせに対する答えを知っている場合は、そのまま回答します。

ルートヒント2

答えを知らない場合は、他のDNSサーバさん(権威DNSサーバさん)にフルサービスリゾルバさんの方から問い合わせを行います。

ルートヒント3

この権威DNSサーバさんのうち、フルサービスリゾルバさんが最初にお問い合わせをする先をDNSルートサーバと言います。

ルートヒント4

DNSルートサーバさんは、すべての権威DNSサーバさんの元締めです。

ルートヒント5

DNSルートサーバさんは、自分では直接情報を管理していません。
情報の管理はすべて他のDNSサーバさんに委託しています。

ルートヒント6

DNSルートサーバさんにお問い合わせをすると「そのことならアイツに訊け」と他のDNSサーバさん(管理の委託先)を紹介されます。

なんかDNSルートサーバさんの説明ページみたいになっていますね。
我慢してもう少しだけお付き合いください。

先程も書きましたが、DNSルートサーバさんは「フルサービスリゾルバさんが最初にお問い合わせをする先」です。
フルサービスリゾルバさんの答え探しの旅はDNSルートサーバさんに尋ねるところから始まります。

ところで、DNSルートサーバさんはどこにいるのでしょうか?

答え探しの旅はDNSルートサーバさんに尋ねるところから始まると書きました。
ということは、DNSルートサーバさんの居場所が分からなければ、話が始まりません。

この大事な「DNSルートサーバさんの居場所」に関する情報が「ルートヒント」です。

ルートヒント7

あるいは、DNSルートサーバさんの居場所が書いてあるファイルルートヒントファイルhintファイル)を指してルートヒントと表現する場合もあります。

前後の文脈によって多少は変わりますが「ルートヒント」と出てきたら「DNSルートサーバの居場所情報」と読み替えれば、ある程度の意味は掴めると思います。

以下は半分余談です。

ルートヒントとDNSフォワーダの使い道の違いで悩む人がいるようなので、簡単に触れておきますね。

ちなみにDNSフォワーダは「DNSサーバさんの助っ人を指定しておく機能」です。
DNSサーバさんは、自分が答えを知らないときには他のDNSサーバさんに問い合わせをします。
その問い合わせ先をどこにするか指定する機能です。

どちらも「どこに訊きに行くかを指定する」ので混乱するのでしょうかね。
違いはズバリ!

ルートヒント:「答えを教えてください」と訊きに行く先
DNSフォワーダ:「答えを調べてきてください」とお願いしに行く先


です。

ルートヒントは最初のお問い合わせ先(DNSルートサーバ)の情報です。
自らの力で答えを探し求める際に、お世話になります。
このときの心意気は「答えは自分で探し出す!」です。

一方のDNSフォワーダは、作業の委託先、もっと率直に言えば、丸投げ先の情報です。
他力本願で仕事を丸投げするときに、お世話になります。
このときの心境は「あとは任せた!答えを探してきてくれたまえ!」です。

これがルートヒントとDNSフォワーダの使い道の違いです。
答えを自力で探すときはルートヒントを使います。
誰かに探してきてもらうときはDNSフォワーダを使います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ルートヒント」って単語が出てきたら「DNSルートサーバの居場所に関する情報なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク