[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

UEFI

pointこの用語のポイント

pointBIOSの後継者だよ

pointOSとファームウェアのやり取りに関する取り決めだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

UEFIとは

BIOS(パソコンさんの電源が入って最初に動く、主にハードウェアを制御するプログラム)の後継者として作られた存在で、BIOSに取って代わろうとしている奴。(ちょっと嘘)
もう少し正確に書くと

OS(パソコンさんの人格に相当するソフト)とファームウェア(ハードウェアを制御するプログラム)のやり取りに関する取り決めのひとつ
です。

image piyo

詳しく書くよ

語弊があるといえばあるのですが、一言で言ってしまえば「BIOSの後継者」がUEFIです。

BIOSは「パソコンさんの電源が入って最初に動く、主にハードウェアを制御するプログラム」ね。
パソコンさんの電源をポチっと入れてから、OS(パソコンさんの人格に相当するソフト)が動き出すまでのお仕事をやってくれるプログラムです。

UEFI

考えてみれば当たり前の話ですよね。

OSはハードディスクに入っています。
ということは、まずハードディスクが動き出さないとOSさんはお仕事を始めることができません。

では、そのハードディスクは誰が動かしてくれるのでしょう?

そうです。
その最初にハードディスクを動かす仕事をしているのがBIOSさんです。
皆が寝ている中で最初に起きだして、お仕事をしています。

そんな、お母さんみたいなBIOSさんですが、寄る年波には勝てません。
技術は日々、進歩していますからね。
BIOSさんは時代遅れになっちゃいました。

そこで、Intelという会社さんが、BIOSの代わりになるものを作ったのです。
それがUEFIです。

UEFIさんのお仕事はBIOSさんのお仕事と同じだと思って構いません。
BIOSの後継者としての役割を担うのがUEFIです。

……というのは少し間違った説明ですが、イメージしやすいと思うので書いてみました。

正確には、UEFIはOS(パソコンさんの人格に相当するソフト)とファームウェア(ハードウェアを制御するプログラム)のやり取りに関する「取り決め」です。
Unified Extensible Firmware Interface(ユニファイド・エクステンシブル・ファームウェア・インターフェイス)」の略で「UEFI」ですからね。
インターフェイス(何かと何かのくっついている部分)」なのです。

パソコンさんというのは、ハードウェアとファームウェア、OS等のソフトウェアが連携して動いています。

UEFI2

ハードウェアは「物」です。
これが無いと話が始まりません。

ファームウェアは「ハードウェアを動かすためのソフトウェア」です。
ハードウェアというのは、言ってしまえば「身体」です。「物」です。「物体」です。
それだけでは何もできません。
そこに「心」であるソフトウェアが入って、はじめて、お仕事をすることができます。
その「心」に相当するソフトウェア、ハードウェアを動かすためのソフトウェアが「ファームウェア」です。

おや、確かBIOSさんは最初にハードディスクを動かすのがお仕事でした。
ファームウェアっぽいですね。

そうです。
BIOSさんはパソコンのファームウェアです。

さて、ハードウェアとファームウェアが揃いました。
これで十分でしょうか?

いえいえ、実はまだ十分ではありません。

パソコンさんの場合、ハードウェアとファームウェアが揃っても、あくまで「動ける」状態になっただけです。
実際に「動かす」奴が必要です。
要は「こんなお仕事をしろよ」と命令を出す奴ですね。

その命令を出すのがソフトウェアです。
そして「最低限これが無いとパソコンとは呼べねーよ」な人格に相当するソフトウェアが「OS」です。

回りくどく書きましたが、要するにハードウェアとファームウェアとOSが連携してパソコンさんは動いているということです。

UEFI3

ここまでを踏まえて、UEFIに話を戻します。
先程「ハードウェアとファームウェアとOSが連携してパソコンさんは動いている」と書きました。
この中の「ファームウェアとOSの連携」に関する取り決めがUEFIです。

BIOSがファームウェア(プログラム)であるのに対し、UEFIは取り決め(仕様)なのです。
同列に並ぶ存在ではありません。

ややこしいですね。

「でも、UEFIはBIOSの後継者だって言ったじゃん!」と思う人もいるでしょう。
私も思いました。

ここから先は私の推測です。
根拠はありません。
ですから、間違っていたらごめんなさい。

まず、BIOSはファームウェアです。

UEFI4

BIOSとOSがやり取りする部分の取り決めは、BIOS(とOS)の仕様に依存する部分です。
この部分の取り決めを、仮に「BIOSインターフェイス」とでも呼びましょう。
※「BIOSインターフェイス」は私が仮に決めた名称です。そんな用語があるわけではない(あるかもしれないけど私は知らない)ので、用語リクエストは送ってこないでください。

UEFI5

さて、このBIOSインターフェイスですが、技術の進歩と共に時代遅れになりました。
そこで、BIOSインターフェイスに代わる取り決めとしてUEFIが生み出されたのです。

UEFI6

UEFIはあくまで、ファームウェアとOSのやり取りに関する取り決めです。
ただし、UEFIの取り決めに従ってやり取りするためには、ファームウェアがUEFIに対応している必要があります。
このUEFIに対応しているファームウェアを、仮に「UEFI対応ファームウェア」と呼びましょうか。
※「UEFI対応ファームウェア」も私が仮に決めた名称です。そんな用語があるわけではない(あるかもしれないけど私は知らない)ので、用語リクエストは送ってこないでくださいね。

UEFI7

この一連の流れ、BIOSインターフェイスがUEFIになり、それに伴ってBIOSがUEFI対応ファームウェアになることを指して「BIOSがUEFIに置き換わる」といった表現がなされているのだと推測しています。

UEFI8

要は「UEFI対応ファームウェア」のことも「UEFI」と表現しているわけですね。
これが混乱の元になっているのでしょう。

繰り返しになりますが、UEFI自体は、あくまで「取り決め」です。
BIOSと同列に並ぶ言葉では(おそらく)ありません。
なんてったって「UEFI対応BIOS」なんていう言葉もあるくらいですからね。
本来「BIOSか、UEFIか、どちらかを選べ」な関係ではないのです。

ただし、UEFIに対応したファームウェア(従来のBIOSと置き換わるもの)を指して「UEFI」と表現する人もいます。
そんな人たちが「(UEFIに対応していない従来の)BIOS」と「UEFIに対応したファームウェア(UEFI対応BIOSを含む)」を比較して「BIOSがUEFIに置き換わる」と言っているのだと思います。

(UEFIに対応していない従来の)BIOS

VS

UEFI(に対応したファームウェア)


の対決です。

あるいは、BIOSがOSとやり取りする際の取り決めを指して「BIOS」と表現していると解釈することもできます。
「BIOSがOSとやり取りするときの取り決め」と「UEFI」を比較して「BIOSがUEFIに置き換わる」と言っているのだと思います。
こちらは

BIOS(がOSとやり取りするときの取り決め)

VS

UEFI


の対決です。

どちらにしろ、ややこしいですね。

ややこしいことをあまり考えたくない人は、単純に「UEFIはBIOSの後継者」と理解してください。
それだけで十分です。
それで知ったかぶりはできますし、日常生活で困ることは、ほとんど無いはずです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「UEFI」って単語が出てきたら「BIOSの後継者なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク