[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

RADIUSサーバ

pointこの用語のポイント

pointサーバ(サービスを提供するコンピュータ)だよ

pointRADIUS認証における「チェックする人」だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

RADIUSサーバとは

RADIUS認証で使うサーバ。
もう少し具体的に書くと

RADIUSという仕組みを使う認証において「こいつは通って良いやつだね」「こいつは知らないやつだよ」のような、実際の認証作業を行うコンピュータのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは

認証
RADIUS
RADIUS認証


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

認証は「おまえ、誰?ってのを確認すること」ね。
RADIUSは「認証をするときに使うお約束事(のひとつ)」です。

認証の流れにおいて、認証を受ける人とチェックする人の2人が登場します。

RADIUSサーバ

認証を受ける人は「自分はこういうものだけど~」と自己紹介をします。

RADIUSサーバ2

それに対して、チェックする人は「あぁ、君は良い人だから通って良いよ~」や「ん?おまえは知らないやつだから通っちゃダメ!」のような判断を下します。

RADIUSサーバ3

これが認証の流れです。

この流れにおいて、認証を受ける人とチェックする人はコミュニケーションを取りました。
コミュニケーションを取るためには、お約束事が必要です。
同じ言葉を話す相手とは会話が成り立ちますが、話す言葉が違うと会話が成り立ちませんよね。
それと同じです。

RADIUSサーバ4

この認証の流れで使えるお約束事のひとつに「RADIUS」があります。
認証を受ける人とチェックする人は、RADIUSのお約束事に従うことによって、円滑にコミュニケーションを取れます。

RADIUSサーバ5

RADIUSのお約束事に従って行う認証は「RADIUS認証」です。
そのまんまといえば、そのまんまなネーミングですね。

RADIUSサーバ6

以上を踏まえて、RADIUS認証において「チェックする人」の役割を果たすコンピュータが「RADIUSサーバ」です。
認証を受ける人の自己紹介を見て「君は通って良いよ」や「おまえは通っちゃダメ!」のような判断を下すのをお仕事としています。

RADIUSサーバ7

ちなみに「サーバ」は「サービスを提供するコンピュータ」の意味です。
今回のお話でいえば「RADIUS認証サービスを提供するコンピュータ」ですね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「RADIUSサーバ」って単語が出てきたら「RADIUS認証における、認証作業を行う方のコンピュータなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク