[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ビルド (build)

pointこの用語のポイント

pointプログラムの元ネタから実際のプログラムを作る作業工程だよ

pointドキュメントや配布用のファイルを作ってくれる場合もあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ビルド (build)とは

プログラムの元ネタ(ソースコード)をあれやこれやして実際のプログラムを作る作業のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

プログラマさんがえっちらおっちらと作ったプログラムの元ネタ(ソースコード)から、実際に動くプログラムを作り出す作業がビルドです。

私は専門外の方に説明するとき、プログラムができるまでの流れを

1.人間語でプログラムの元ネタ(ソースコード)を書く
2.ソースコードを人間語から機械語に翻訳する(コンパイル
3.コンピュータさんが翻訳された指示に従ってお仕事する(実行)


と説明します。

ビルド

ですが、この説明は、厳密には正しくありません。
元ネタから実際のプログラムを作る際には、もう少しいろいろな作業が必要です。

この「もう少しいろいろな作業」も含めて「プログラムの元ネタから実際のプログラムを作る作業」がビルドです。
「コンパイル」(元ネタを人間語から機械語に翻訳する作業)と同じ意味で使われる場合もありますが、実際には「コンパイル+α」な作業を指します。

例えば、そうですね。

ピヨ太君は自分でケーキを作って自分でケーキを食べる「なんちゃってピヨ子さん」プログラムを作ることにしました。
本物のピヨ子さんはケーキを食べるだけで、作るのは他人任せです。
本物よりも優秀ですね。

ビルド2

この「なんちゃってピヨ子さん」プログラムですが、やることは

1.ケーキを作る
2.ケーキを食べる


の2つです。

この2つの処理をまとめて書いても良いのですが、ピヨ太君は分けることにしました。
「ケーキを作る」と「ケーキを食べる」を別々に用意し、それを合体させることで「ケーキを作って食べる」プログラムにするのです。

ビルド3

具体的には、まずは「ケーキを作る」処理を書いた元ネタと「ケーキを食べる」処理を書いた元ネタを別のファイルとして用意します。

ビルド4

次に、それぞれのファイルをコンパイル(人間語から機械語に翻訳)して、コンピュータさんが読める状態にします。

ビルド5

最後に、この2つを合体します。
これで「ケーキを作って食べる」ことのできる「なんちゃってピヨ子さん」プログラムができあがりました。

ビルド6

この作業がビルドです。
用意された「ケーキを作る」処理を書いた元ネタと「ケーキを食べる」元ネタから、最終的な「なんちゃってピヨ子さん」プログラムを作り上げるまでの工程を指します。

……というのが基本です。
プログラミング言語によっては、それに加えて、ドキュメントっぽい何かを作ったり、他の人に配る用のファイルを作ったりもしてくれます。

具体的に何をやってくれるかの細かい違いは、ビルド作業をやるプログラムに依存します。
当たり前ですが、実際のビルドは人間様の手でやるわけではありません。
人間様がやるのは、せいぜい「ビルドしてくださいボタン」を押すとか「ビルドしますよプログラム」を起動するくらいでしょう。
コンピュータの中にはビルドをするのがお仕事のプログラムがいて、そいつの手によってビルドされる(元ネタから実際のプログラムが作られる)のです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ビルド」って単語が出てきたら「プログラムの元ネタから実際のプログラムを作る作業なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク