[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

コボラー

pointこの用語のポイント

pointプログラマだよ

pointCOBOLが得意だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

コボラーとは

プログラミング言語の「COBOL」を使ってプログラムを作るのを得意としている人のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

プログラミング言語は「プログラムの元ネタ(ソースコード)を書くときに使う言葉」ね。

プログラムを作るときには、まず人間語でプログラムの元ネタ(ソースコード)を作ってあげます。

コボラー

次にコンパイルをして、コンピュータさんが分かる言葉に翻訳します。

コボラー2

これでコンピュータさんはプログラムの内容を理解できるようになりました。

コボラー3

あとはコンピュータさんがプログラムを実際に動かします。

これがプログラムを作成する際の流れですが、この流れにおいて、元ネタを書くときに使った言葉がプログラミング言語です。

プログラミング言語には、たくさんの種類があります。
人間様の使う言葉も、日本語や英語、中国語のようにたくさんの種類がありますよね。
それと同じです。
C言語JavaPHPのようにたくさんの種類があります。

そんな、たくさんの種類があるプログラミング言語ですが、その中の一つに「COBOL」という名前のプログラミング言語があるのです。
COBOLは事務処理用に開発された長老のようなプログラミング言語で、かなり昔に生まれたのにもかかわらず、特に大規模システムではいまだに現役で稼働していたりもする恐ろしい奴です。

前振りが長くなりましたが、このCOBOLを使ったプログラムの作成を得意としている人(プログラマ)を「コボラー」と呼びます。
コ○ちゃんを好きな人じゃないですよ。COBOLを得意としている人です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「コボラー」って単語が出てきたら「COBOL使いのプログラマなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク