[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ファームウェア (firmware)

pointこの用語のポイント

pointソフトウェアだよ

pointハードウェアの中に住んでいるよ

pointハードウェアを動かすのがお仕事だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ファームウェア (firmware)とは

ハードウェアの中に住んでいる、そのハードウェアを動かすためのソフトウェア(プログラム)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

大雑把に言ってしまえば、ハードウェアを動かすためのソフトウェアが「ファームウェア」です。

ハードウェアは「コンピュータのうち蹴っ飛ばせる部分」ね。

ファームウェア

ソフトウェアは「コンピュータのうち蹴っ飛ばせない部分」です。

ファームウェア2

ハードウェアというのは、言ってしまえば「身体」です。「物」です。「物体」です。
それだけでは何もできません。
哲学的ですが、ただそこに「在る」だけです。

一方のソフトウェアは「心」です。
やっぱり、それだけでは何もできません。存在を認識することもできません。
身体を通して、はじめて認識される存在です。

身体と心は、それぞれ単独では何もできません。
二つが一つに合体することによって、心が身体を操ることによって、はじめて何らかのお仕事ができます。

ハードウェアとソフトウェアの関係も、これと同じです。

ハードウェアは、それだけではただの物体です。何もお仕事をしません。
ソフトウェアに動かしてもらって、はじめて何らかのお仕事ができます。

それを踏まえて、ハードウェアを動かすことを目的としてハードウェアの中に住んでいるソフトウェアがファームウェアです。

「ファーム(firm)」には「硬い」や「堅固な」という意味があります。
つまり「硬いソフトウェア」です。
ハードウェアの内部に組み込まれて、あまり変更されないことから、そのように呼ばれています。

例えば、パソコン……を例に取ると逆に分かりづらいので、デジタルカメラで考えてみましょう。

デジタルカメラの本体はハードウェアです。
でも、それだけではデジタルカメラとしてのお仕事はできません。
シャッターをポチっと押したら見えているものを画像として取り込んだり、自動で良い感じになるようにズームを合わせたり、お手手がプルプルしていても画像がブレないように補正したりしてくれているのは、デジタルカメラの中に住んでいるソフトウェアさんです。

このデジタルカメラの中に住んでいるソフトウェアさんが、デジタルカメラのファームウェアです。
ハードウェアを動かすためのソフトウェアね。

ちなみに、パソコンさんの中にもファームウェアは入っています。
BIOS」と呼ばれているものが、それです。
余裕があれば、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ファームウェア」って単語が出てきたら「ハードウェアの中に住んでいて、そのハードウェアを動かすためのソフトウェア(プログラム)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク