[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

MACフィルタリング

pointこの用語のポイント

point通して良いデータか判断する機能だよ

pointMACアドレスを見て判断するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

MACフィルタリングとは

接続してくる機器のMACアドレスを見て「おまえは通って良いよ」「おまえは通っちゃダメ!」を振り分ける機能のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「MACアドレス(マックアドレス)」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

MACアドレスは「ネットワーク機器に割り当てられる住所」です。
ネットワークカード(NIC)などに割り当てられる住所です。

以上を踏まえて、MACアドレスを見て「ふむふむ、君のMACアドレスは通して良いことになっているから通って良いよ」や「む?!君は通して良いことになってないよ(あるいは、通しちゃダメなことになってるよ)!だから通っちゃダメ!」と判断する機能が「MACフィルタリング」です。

MACフィルタリング

MACアドレスを見てフィルタリングするから「MACフィルタリング」なのでしょう。
IPフィルタリング」をご存知の方は、それのMACアドレス版と思って構いません。

MACフィルタリングを行う際には、事前に「通して良いMACアドレスリスト」(許可リスト)を作成しておきます。
そして、このリストに記載のあるMACアドレスを持っている機器のみ通してあげます。
リストに記載の無いMACアドレスの機器は通してあげません。

MACフィルタリング2

あるいは、先程とは逆に「通しちゃダメなMACアドレスリスト」(拒否リスト)を作成しておきます。
そして、このリストに記載のあるMACアドレスを持っている機器は通してあげません。
リストに記載の無いMACアドレスの機器は通してあげます。

MACフィルタリング3

このどちらかが、MACフィルタリングの一般的なやり方です。
どちらかといえば、許可リストを使う方が一般的ですかね。
いずれにせよ

1.事前に通して良いMACアドレスかダメなMACアドレスか判断できるカンペを用意しておく
2.接続してきた機器のMACアドレスとカンペを見比べて、通してあげるか決める


の流れになります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「MACフィルタリング」って単語が出てきたら「MACアドレスを見て通して良いか判断する機能なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク