[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

コアダンプファイル (core dump file)

pointこの用語のポイント

pointファイルだよ

pointプログラムが異常終了したときに出力されるよ

point実際のファイル名は「core」だよ

pointUNIX系のパソコンさんで登場するよ

point中にはメモリの状態とかの解析用の情報が書きこまれているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

コアダンプファイル (core dump file)とは

「コアファイル」のこと。
つまり

UNIX系のパソコンさんにおいて、プログラムが異常終了した際に出力される「core」という名前のファイルのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

コアダンプ」された「ファイル」で「コアダンプファイル」です。
コアダンプは「コアファイルが出力されること」ね。

コアダンプファイル

コアファイルが出力されることによって作成されたファイル、つまりコアファイルの別の呼び方が「コアダンプファイル」です。

UNIX系のパソコンさんでは、プログラムがなんか変な感じに終了する際に、参考になりそうな情報をファイルに「ぷっ」と吐き出します。

コアダンプファイル2

この「ぷっ」と吐き出されたファイルがコアファイルでありコアダンプファイルです。
実際には「core」というファイル名出力されます。

コアダンプファイル3

コアファイル(コアダンプファイル)は異常終了するときに出力されるファイルです。
「core」というファイルを見かけたら「何かのプログラムが異常終了したのね」とお考えください。

また、コアファイル(コアダンプファイル)の中には、異常終了直前のメモリの状態とかが書き込まれています。
この中身を頑張って調べれば、もしかしたら異常終了した原因を推測できるかもしれませんね。
そんな、調査に使うためのファイルです。

なお「コアファイル」や「コアダンプファイル」という呼び方は俗称に近いです。
実際に出力されるファイル名が「core」なので「コアファイル(coreファイル)」と呼ばれているのでしょう。
コアダンプされたファイルなので「コアダンプファイル」と呼びたい気持ちも分かります。
省略して、単に「コア」と呼ばれる機会も多いです。

まれに、出力されたファイルを指して「コアダンプ」と表現する人もいるようですが、個人的には違和感があります。
コアダンプは、あくまで「コアファイルが出力されること(動作)」を指す用語との理解です。

私自身は「コア」もしくは「コアファイル」と呼んでいます。
「コアダンプファイル」は少し長ったらしいので、使いません。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「コアダンプファイル」って単語が出てきたら「コアファイル(プログラムが異常終了した際に出力されるファイル)のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク