[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

コアファイル (coreファイル)

pointこの用語のポイント

pointファイルだよ

pointプログラムが異常終了したときに出力されるよ

point実際のファイル名は「core」だよ

pointUNIX系のパソコンさんで登場するよ

point中にはメモリの状態とかの解析用の情報が書きこまれているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

コアファイル (coreファイル)とは

UNIX系のパソコンさんにおいて、プログラムが異常終了した際に出力される「core」という名前のファイルのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

UNIX系のパソコンさんでは、プログラムがなんか変な感じに終了する際に、参考になりそうな情報をファイルに「ぷっ」と吐き出します。

コアファイル

この「ぷっ」と吐き出されたファイルが「コアファイル」です。
実際には「core」というファイル名出力されます。

コアファイル2

コアファイルは異常終了するときに出力されるファイルです。
「core」というファイルを見かけたら「何かのプログラムが異常終了したのね」とお考えください。

また、コアファイルの中には、異常終了直前のメモリの状態とかが書き込まれています。
この中身を頑張って調べれば、もしかしたら異常終了した原因を推測できるかもしれませんね。
そんな、調査に使うためのファイルです。

なお「コアファイル」という呼び方は俗称に近いものがあります。
実際に出力されるファイル名が「core」なので「コアファイル(coreファイル)」と呼ばれているのでしょう。
人によっては「コアダンプファイル」や「コアダンプ」と呼ぶ人もいます。
あるいは、省略して「コア」と呼ばれる機会も多いです。

私自身は「コアファイル」か「コア」と呼ぶことが多いです。
「コアダンプファイル」は少し長ったらしいですし「コアダンプ」は「コアファイルが出力されること」の意味で使っています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「コアファイル」って単語が出てきたら「プログラムが異常終了した際に出力されるファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク