[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

物理コア

pointこの用語のポイント

pointCPUの中に実際にあるコアだよ

pointハイパースレッディングの話で出てくるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

物理コアとは

ハイパースレッディングの話で登場する用語で、CPUの中に実際にあるコアのこと。
もう少し噛み砕いて書くと

CPUの脳みそに一人二役をやらせる技術(ハイパースレッディング)において、実際にお仕事をしている脳みそ「一人」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

CPU
コア
ハイパースレッディング


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

CPUは「実際に計算したりあれやこれやの処理を実行するパソコンの部品」です。

物理コア

パソコンさんの脳みそに相当する部品です。

物理コア2

コアは「CPUの脳みそ」です。
CPUの中核で、実際にCPUとしてのお仕事をする部分です。

物理コア3

このCPUの脳みそに一人二役をさせる技術を「ハイパースレッディング」と言います。
実際には1つの脳みそしかないけど、コンピュータさんには複数の脳みそがあるように見せかける技術です。

物理コア4

CPUの脳みそに一人二役をさせることで、もともとは1度に1つのお仕事しか処理できなったのが、同時に2つのことを処理できるようになります。

物理コア5

以上を踏まえて、この一人二役において、実際にお仕事をやっている脳みそが「物理コア」です。
「一人」「二役」における「一人」の方ですね。

物理コア6

なお、コンピュータさんから見たときに、お仕事をしているように見える脳みそは「論理コア」と言います。
「一人」「二役」における「二役」の方です。

物理コア7

ハイパースレッディング」「物理コア」「論理コア」はセットで覚えてあげてください。
勉強していると、おそらく、同じところで全部出てくると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「物理コア」って単語が出てきたら「CPUの中に実際にあるコアなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク