[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

シングルコア (single core)

pointこの用語のポイント

point「1つのCPUに1つのコア」のことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

シングルコア (single core)とは

CPU(パソコンさんの脳みそ)の中に脳みそが1つある状態のこと。
もう少しコンピュータっぽく書くと

1つのCPUの中にコアが1つある状態のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

シングル」+「コア」で「シングルコア」です。

シングルコア

シングルは「1つ」の意味ね。

シングルコア2

コアは「CPUの脳みそ」です。

シングルコア3

CPUはパソコンさんの脳みそです。
パソコンさんのやるお仕事は実際にはCPUさんがやります。

そして、CPUさんの脳みそがコアです。
CPUさんのやるお仕事は実際にはCPUのコアがやります。

このCPUのコアが1つある状態がシングルコアです。

シングルコア4

脳みそが1つあるCPUなので、一度にできるお仕事は1つだけです。
2つ以上のお仕事を並行してやることはできません。

シングルコア5

歴史的な背景として、もともとCPUさんの脳みそは1つでした。
その当時は「シングルコア」なんて言葉は無かったでしょう。(と言いつつ、本当はあったかもしれません。正確には分からないです。ごめんなさい。)

しかし、技術の進歩と共に、1つのCPUに2つのコアを搭載できるようになりました。
1つのCPUに2つの脳みそを持たせて、並行処理をさせることができるようになったのです。

シングルコア6

それに伴い「1つのCPUに1つのコア」を「シングルコア」、「1つのCPUに1つのコア」は「デュアルコア」と呼んで区別するようになりました。
これが用語「シングルコア」の誕生秘話です。

偉そうに書いておきつつ、実際には分かりませんけどね。
誕生秘話は、すべて私の創作です。
ただまぁ、そこまで間違ってはいないと思いますよ。
違う奴(デュアルコア)が生まれたからこそ、もともといた奴(シングルコア)にも名前が必要になったのだと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「シングルコア」って単語が出てきたら「1つのCPUの中に1つのコアがある状態なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク