[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

外注先

pointこの用語のポイント

point外注する相手だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

外注先とは

外注する相手。
もう少し詳しく書くと

自分たちでやることになっていたお仕事をお願いしてやってもらう相手(他の会社の人)
です。

image piyo

詳しく書くよ

外注は「自分たちがやるはずだった仕事を、他の会社の人にお願いすること」ね。
この外注する先、つまり「このお仕事をやってくださいな」と、お願いする相手(他の会社の人)が「外注先」です。

外注先

例えば「今度のぴよぴよシステム構築案件、早めに外注先を探さないとね~」といった使い方をします。

ついでなので書いておくと、外注する方の会社の社員は「プロパー」や「プロパー社員」と表現する場合があります。

外注先2

「外注(外注先)」と「プロパー(プロパー社員)」はセットで出てくることも少なくありません。
余裕があれば、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「外注先」って単語が出てきたら「自分たちがやるはずだった仕事をお願いする相手(他の会社の人)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク