[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

プロパー

pointこの用語のポイント

point「プロパー社員」の省略表現だよ

pointお仕事を出してやる方の会社の社員だよ

point他にもいろいろな意味を持つ用語だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

プロパーとは

「プロパー社員」の略で、外注ピラミッドにおける、お仕事を出してやる方の会社の社員のこと。
あるいは

シチュエーションによって、いろいろな意味を持つ用語なので、一言では説明できないです。ごめんなさい
です。

image piyo

詳しく書くよ

「プロパー」という言葉自体にはいろいろな意味があります。
ただ、システム開発の現場でよく出てくるのは「プロパー社員」の省略表現の「プロパー」です。

さらに「プロパー社員」という言葉自体にも、いろいろな意味があります。
ただ、システム開発の現場でよく出てくるのは「外注ピラミッドにおける、お仕事を出してやる方の会社の社員」を意味する「プロパー社員」です。
単に「(生え抜きの)正社員」の意味では、あまり使いません。

プロパー

例えば、元請けの社員さんや、外注されたものを再委託する際の委託する側の会社の社員さんのことですね。
「プロパー」と一緒に「外注」なんて言葉が聞こえてきたら、まず間違いないでしょう。

注意点として「プロパー」自体の意味は、他にもいろいろあります。
簡単に調べましたが、プロパー商品やプロパーカード、プロパー価格など「プロパー」の付く用語は、いろいろ見つかりました。

ただまぁ、全部取り上げて意味を書いていくのは、めんどっちーので止めておきます。

繰り返しになりますが、システム開発の現場でよく出てくる「プロパー」は「プロパー社員」の省略表現の「プロパー」です。
外注する方の会社の社員さんを意味します。
それ以外の意味の「プロパー」については、他のところで調べてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「プロパー」って単語が出てきたら「外注ピラミッドにおいて仕事を出してやる方の会社の社員のこと、あるいは、なんかいろいろ意味がある単語なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク