[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

元請け

pointこの用語のポイント

point注文主から直接お仕事を引き受け業者さんだよ

point外注ピラミッドの頂点に位置する業者さんだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

元請けとは

「こんなのが欲しい!」って言ったお客さまに対して「おぅ!任せとけ!」と請け負った業者さんのこと。
もう少し堅苦しく書くと

注文主であるお客さまから直接お仕事を引き受けた業者さんのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

お客さま(注文主)から直接お仕事を引き受けた業者さんが「元請け」です。

IT業界、特にシステム開発の分野の構造は建築業界に似ています。
まず「こんなのが欲しいんだけど!」と言ったお客さまに対して「よし!俺に任せとけ!」と言って、お仕事を引き受ける業者さんがいます。

元請け

特に規模の大きいシステム開発では多いのですが、この引き受けたお仕事を全部自分の会社の中で処理できるとは限りません。
技術的な制約、時間的な制約により、自分の会社の社員だけではお仕事を完了させることが難しい場合もあるでしょう。

そんなときは、他の会社の人に手伝ってもらいます。
要するに外注するのです。

元請け2

外注先は一つとは限りません。
複数の業者さんに対してお手伝いをお願いすることもあります。

元請け3

外注された業者さんがさらに他の業者さんに外注する場合もあるでしょう。
システム開発のお仕事というのは、このようなピラミッド構造になっていることが多いのです。

このピラミッドにおいて最初にお仕事を引き受けたところが元請けです。
注文主であるお客さまに対して直接「任せとけ!」と言った業者さんですね。

元請け4

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「元請け」って単語が出てきたら「注文主であるお客さまと直接契約を結んだ業者さんのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク