[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

オートネゴシエーション (auto-negotiation)

pointこの用語のポイント

point通信前の認識合わせを勝手にやってくれるよ

point一番良い感じになるように調整してくれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

オートネゴシエーション (auto-negotiation)とは

実際の通信を始める前の「どんなやり方で通信する?」な認識合わせを勝手にやって、良い感じになるように調整してくれる機能のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ネゴシエーションは「通信を始める前の認識合わせ」ね。

通信はコミュニケーションです。
コミュニケーションというのは暗黙の了解やお約束事がないと成り立ちません。

また、通信機器の規格はいろいろありますし、どんな規格に対応しているかも機器によって違います。
何の前触れも無しにいきなり通信しようとしたら、上手くコミュニケーションが取れないかもしれません。

そこで、やりたい通信を行う前に、機器同士で情報交換をして認識合わせを行います。
「おまえって、どんな規格に対応してるの?」「君はどれくらいのスピードだったら耐えられる?」などの情報交換をして「じゃあ、今回はこんなやり方で通信しましょうか」を決めるのです。

オートネゴシエーション

この認識合わせがネゴシエーションです。

そして、この認識合わせを機器同士で勝手にやってくれて、自動的に一番良い通信環境になるように調整してくれる機能が「オートネゴシエーション」です。

オートネゴシエーションという言葉は、スイッチングハブルータ等のネットワーク機器や、イーサネット等のLAN関係のお話で出てきます。

一口に「イーサネット」と言っても、いろいろな規格があるのですね。
例えば「10BASE-T」や「100BASE-T」といった規格がありますし、それぞれに「全二重通信」と「半二重通信」のモードがあります。

今、例に挙げたものだけでも

・10BASE-T/半二重
・10BASE-T/全二重
・100BASE-T/半二重
・100BASE-T/全二重


の四種類の規格が登場します。

これらの規格のどれに対応しているかは、機器によって違います。

例えば、コンピュータAは四種類すべてに対応しているとしましょう。

・10BASE-T/半二重
・10BASE-T/全二重
・100BASE-T/半二重
・100BASE-T/全二重


でやりとりができます。

コンピュータBは「10BASE-T」にしか対応していません。
やり取りできるのは

・10BASE-T/半二重
・10BASE-T/全二重


の二種類です。

この2つのコンピュータが通信することになりました。

オートネゴシエーション2

さぁ、どんなルールでやり取りをしましょうか?

コンピュータAとコンピュータB、どちらも対応しているのは

・10BASE-T/半二重
・10BASE-T/全二重


の二種類です。
半二重通信と全二重通信では、全二重通信の方が優秀です。

それでは

・10BASE-T/全二重

でやり取りすることにしましょう。

オートネゴシエーション3

これが、コンピュータAとコンピュータBがやり取りする際の一番良い選択のはずです。

これらの一連の流れを勝手にやってくれる機能がオートネゴシエーションです。
勝手に情報交換をして、勝手に一番良い選択をしてくれます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「オートネゴシエーション」って単語が出てきたら「通信を始める前の認識合わせを勝手にやって、良い感じになるように調整してくれる機能なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク