[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ネゴシエーション (negotiation)

pointこの用語のポイント

point通信前の認識合わせだよ

point「どんなやり方で通信する~?」を決めるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ネゴシエーション (negotiation)とは

実際の通信を始める前に、前提条件の確認とかをして通信相手と認識合わせを行うこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「ネゴシエート」の説明と同じです。既に「ネゴシエート」の説明をご覧になった方は、読んでも意味が無いと思います。

通信はコミュニケーションです。
コミュニケーションというのは暗黙の了解やお約束事がないと成り立ちません。

例えば、ピヨ太君とピヨ子さんが会話をするとしましょう。
ピヨ太君は日本語しか話せない生粋のジャパニーズです。

ネゴシエーション

一方のピヨ子さんは、日本語と英語はもちろん、フランス語や中国語も話せます。

ネゴシエーション2

こんな二人が会話をします。
もし、ピヨ太君が日本語で話しかけたのにピヨ子さんが英語で返事をしたらどうなるでしょう。

そうです。
コミュニケーションが成立しません。

ネゴシエーション3

そこでピヨ太君は、前もってピヨ子さんに「ピヨ子さん、日本語で話してください」と、お願いをします。
それに対してピヨ子さんが「分かったわ。任せておきなさい」と返事をします。
実際の会話を始める前に「どんなやり方で会話をしようかね?」な認識を合わせておくのです。

ネゴシエーション4

そうすれば、先程のような哀しい結果にはなりません。
二人は満足の行くまで会話を楽しむことができます。

ネゴシエーション5

通信も同じです。

いろいろな規格が存在しますし、どんな規格に対応しているかも機器によって違います。
何の前触れも無しにいきなり通信しようとしたら、上手くコミュニケーションが取れないかもしれません。

そこで、やりたい通信を行う前に認識合わせをします。
「おまえって、どんな規格に対応してるの?」「君はどれくらいのスピードだったら耐えられる?」などの情報交換をして「じゃあ、今回はこんなやり方で通信しましょうか」と摺り合わせを行うのです。

ネゴシエーション6

この「実際にやりたい通信を行う前の認識合わせ」が「ネゴシエーション」です。
文字通り、通信機器さん同士が通信のやり方についてネゴシエーション(交渉)する行為を指します。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ネゴシエーション」って単語が出てきたら「通信を始める前の認識合わせなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク