[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

拡張カード

pointこの用語のポイント

point板状の部品だよ

pointくっつけると機能が増えるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

拡張カードとは

パソコンさんの中にプスっと挿すことで機能が追加される、板状の部品のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

パソコンとかにくっつけると、できることが増える板状の部品が「拡張カード」です。

例えば、ここに一台のパソコンがあったとしましょう。

拡張カード

蓋をパカっと開けます。

拡張カード2

中には、マザーボードと呼ばれる、パソコンさんの中で一、二を争うくらい大事な部品があります。
このマザーボードにLANボードをくっつけます。

LANボードのくっつけ方は簡単です。
マザーボードにはLANボードのような板状の部品を挿すための細長い穴(溝)(拡張スロット)が開いていますので、そこにプスっと挿しこむだけです。

拡張カード3

パソコンさんにLANボードさんをくっつけると、パソコンさんはLANボードさんの提供する機能を使えるようになります。
具体的には、インターネットの線をパソコンにつなぐことができるようになるのです。

このときのLANボードが拡張カードです。

実際のところ「拡張カード」という表現は、かなり広い括りです。
拡張カードに分類されるものには、LANボード、ビデオカードサウンドカード、など、いろいろあります。

拡張カード4

ちなみに、くっつける方の板が「拡張カード」と呼ばれるのに対し、くっつけられる方に開いている穴は「拡張スロット」と言います。

拡張カード5

余裕があれば、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「拡張カード」って単語が出てきたら「くっつけると機能が追加される、板状の部品なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク