[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

PCI

pointこの用語のポイント

pointパソコンの部品同士がやり取りするための規格(の一つ)だよ

point拡張カードの規格として、よく使われるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

PCIとは

パソコンさんの中に追加で部品をくっつけるための規格(の一つ)。
もう少し細かく書くと

パソコンさんの蓋をパカッと開けて中にLANボードとかの板状の部品をプスっと挿すとして、追加で挿した板状の部品とパソコンさんの中に元々あった部品がやり取りするための規格(の一つ)
です。

image piyo

詳しく書くよ

パソコンがあります。

PCI

蓋をパカっと開けます。

PCI2

中には、マザーボードと呼ばれる、パソコンさんの中で一、二を争うくらい大事な部品があります。
マザーボードには、パソコンさんをパワーアップさせるための追加の部品を挿すための穴(拡張スロット)が付いています。
ちなみに「穴」といっても丸い穴ではありません。
板状の部品を挿すための四角くて細長い穴です。
「溝」と呼んだ方が適切かもしれません。

その四角くて細長い穴に、例えば、LANボードを挿すとしましょう。
LANボードに限りませんが、プスっと挿す部品は、緑色をしていて板状の部品であることが多いです。

PCI3

プスっと挿して、パソコンさんに追加の部品がくっつきました。
これを専門用語では「マザーボードの拡張スロットに拡張カードを挿した」と言ったりします。
追加の部品をくっつけるための穴が「拡張スロット」で、そこに挿す板状の部品が「拡張カード」です。

さて、追加でくっつけた部品ですが、当然のことながら、最初からパソコンさんの中にいた部品とやり取りをしなくてはいけません。

当たり前ですよね。

追加の部品は、そのパソコンさんに仲間入りをしたのです。
パソコンさんの一部として、一生懸命お仕事をしなくてはなりません。
他の部品との連携も必要です。

この「追加の部品が他の部品と連携するための規格(の一つ)」が「PCI」です。

Peripheral Component Interconnect」の頭文字を取って「PCI」ね。
Peripheralは「周囲」、Componentは「コンポーネント(何かの部品)」、Interconnectは「連結」の意味です。
直訳すると「周辺の部品(拡張した部品)を連結」するための規格、といったところでしょうか。

ちなみに、PCI規格に対応した拡張スロット(追加で部品をくっつけるための穴)を「PCIスロット」と言います。
PCI規格に対応した拡張カード(拡張スロットに挿す板状の部品)は「PCIカード」です。
余裕があれば、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「PCI」って単語が出てきたら「パソコンさんの中に部品をくっつけるための規格なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク