[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Java

pointこの用語のポイント

pointプログラミング言語だよ

pointオブジェクト指向の考え方に基づいて作られているよ

point「一度書けば、どこでも動く」を目指したよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Javaとは

「一度書けば、どこでも動く」の理念で作られたプログラミング言語で「オブジェクト指向」という言葉を流行らせた奴
です。

image piyo

詳しく書くよ

プログラミング言語は「プログラムの元ネタ(ソースコード)を書くときに使う言葉」ね。
プログラミング言語で書いたプログラムの元ネタを、コンピュータさんが分かる言葉に翻訳する(コンパイル)ことで、実際に動くプログラムになります。

Java

世の中には、たくさんのプログラミング言語があります。
その、たくさんある中の一つが「Java」です。

Javaはオブジェクト指向的な考え方に基づいて作られているプログラミング言語です。
あくまで個人的な印象ですが、Javaが有名になるにつれ「オブジェクト指向」という言葉も有名になったように感じます。

また、Javaの思想には「一度書けば、どこでも動く」があります。
カッコつけて英語で書くと「Write once, run anywhere.」です。
「どんな環境でも動くプログラムを作れるプログラミング言語なんだぜー!」です。

そんなことが可能なのでしょうか?

Javaさんは、Java仮想マシンJavaVMJVM)と呼ばれるソフトウェアを使うことで、それを実現しようとしています。

例えば、Javaで作ったプログラムがWindowsパソコン上で動くとしましょう。
このとき、Javaで作ったプログラムは直接Windowsパソコンさんとやり取りをするわけではありません。
Java仮想マシンとやり取りをします。
そして、Java仮想マシンがWindowsパソコンさんとやり取りをします。

Java2

さて、次に、このJavaで作ったプログラムをMacのパソコンに持って行ったとしましょう。
Windowsのパソコンさんで動いていたJavaで作ったプログラムを、Macのパソコンさんで動かします。

このときの流れも、Windowsパソコンさんのときと同じです。
Javaで作ったプログラムはMacなパソコンさんと直接やり取りをするわけではありません。
Java仮想マシンとやり取りをします。
そして、Java仮想マシンがMacなパソコンさんとやり取りをします。

Java3

どんな環境に持って行こうとも、Javaで作ったプログラムがやり取りする相手はJava仮想マシンさんなのです。
Javaで作ったプログラムはJava仮想マシンさんのことさえ考えていればOKです。

あとのことは、Java仮想マシンさんが良しなに取り計らってくれます。
相手がWindowsであればWindowsに合うようにやり取りしてくれますし、相手がMacであればMacに合うようにやり取りしてくれます。

つまり、Java仮想マシンさんはJavaで作ったプログラムとコンピュータの通訳です。
プログラムと環境の間に入って、仲を取り持ってくれます。

Javaで作ったプログラムはJava仮想マシンさんとやり取りするだけなので、どんなコンピュータが相手でも自分を変える必要はありません。
例えば、Java仮想マシンさんと日本語でお話するのであれば、ひたすら日本語だけを喋れば良いのです。

仮に英語しか分からないパソコン上で動かすときも大丈夫です。
Java仮想マシンさんが英語に翻訳してくれます。

フランス語しか分からないパソコン上で動かすときも大丈夫です。
Java仮想マシンさんがフランス語に翻訳してくれます。

環境にする差異はJava仮想マシンさんに吸収してもらうので、プログラム自体は「一度書けば、どこでも動く」ってな理屈です。

実際には、環境によって微妙に動きが変わったりしますけどね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Java」って単語が出てきたら「プログラミング言語なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク