[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

LDAPサーバ

pointこの用語のポイント

pointサーバだよ

pointディレクトリサービスを提供するよ

pointLDAPに対応しているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

LDAPサーバとは

LDAPを使ってやりとりできる、ディレクトリサービスを提供するサーバ
です。

image piyo

詳しく書くよ

ディレクトリサービスを提供するサーバのうち、LDAPに対応しているやつが「LDAPサーバ(エルダップサーバ)」です。

……と、いきなり言われても分かりませんよね。
大丈夫です。
順番に見ていきましょう。

まずは予備知識として「ディレクトリサービス」と「LDAP」について説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

ディレクトリサービスは、ネットワークの世界における「俺がいろんな情報をまとめて管理しているから、なにか困ったことがあったら俺に聞いてこい」型サービスです。

まず元締めコンピュータがいます。
元締めコンピュータはサービスを提供する側のコンピュータです。
「サーバ」と呼ばれます。

LDAPサーバ

元締めコンピュータは、あれやこれやの情報を統括して管理しています。

LDAPサーバ2

普通のパソコンさんたちは、何か知りたいことがあると、元締めコンピュータに尋ねます。
例えば「プリンタは、どこにあるの?」とかですね。

LDAPサーバ3

問い合わせに対して、元締めコンピュータは自分の把握している情報を答えてあげます。
例えば「プリンタは、あっちだよ」とかですね。

LDAPサーバ4

このような構造になっているサービス形態がディレクトリサービスです。
ディレクトリサービスの例としては、WindowsActive Directory等が有名です。

以上がディレクトリサービスの説明です。
次にLDAPの説明をします。

ディレクトリサービスを利用する際、普通のパソコンさんたちは元締めコンピュータ(サーバ)と通信をします。

通信をするときにはお約束事が必要です。

片方が日本語で話しかけているのに、もう片方が英語でお返事をしたら、上手くコミュニケーションが取れませんよね。
それと同じです。

コンピュータさんの世界でも、上手く意思疎通を行うには、あらかじめお約束事を決めておき、それを守る必要があるのです。

LDAPサーバ5

通信をするときに使うお約束事は「通信プロトコル」と言います。
LDAPは通信プロトコルの1つです。
「ディレクトリサービス用の通信をするときに使うお約束事(のひとつ)」がLDAPです。

LDAPサーバ6

以上がLDAPの説明です。

ここまでを踏まえて、LDAPを使ってやり取りできるサーバがLDAPサーバです。

LDAPサーバ7

例えば、WindowsサーバにActive Directoryの環境を構築したとしましょう。
Active DirectoryはLDAPに対応しています。
よって、Active Directoryの環境を構築したWindowsサーバはLDAPサーバであると言えます。

個人的には

1.サーバ(サービスを提供する側のコンピュータ)である
2.LDAPに対応している
3.(「2.」に付随して)ディレクトリサービスを提供している


の条件を満たすサーバは、すべてLDAPサーバと呼んでかまわないと思っています。

LDAPはディレクトリサービスとやり取りするためのお約束事ですからね。
LDAPに対応しているということは、何らかのディレクトリサービスを提供しているはずです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「LDAPサーバ」って単語が出てきたら「LDAPに対応している、ディレクトリサービスを提供するサーバなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク