[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

LDAP

pointこの用語のポイント

point通信プロトコルだよ

pointディレクトリサービスとやり取りするときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

LDAPとは

通信するときに使うお約束事(通信プロトコル)のひとつ
であり

ディレクトリサービスとやり取りするときに使うお約束事(の中のひとつ)
です。

image piyo

詳しく書くよ

ディレクトリサービスは、ネットワークの世界における「俺がいろんな情報をまとめて管理しているから、なにか困ったことがあったら俺に聞いてこい」型サービスね。

まず元締めコンピュータがいます。

LDAP

元締めコンピュータはあれやこれやの情報を統括して管理しています。

LDAP2

普通のパソコンさんたちは、何か知りたいことがあると、元締めコンピュータに尋ねます。
例えば「プリンタはどこにあるの?」とかですね。

LDAP3

問い合わせに対して、元締めコンピュータは、自分の把握している情報を答えてあげます。
例えば「プリンタはあっちだよ」とかですね。

LDAP4

このような構造になっているサービス形態がディレクトリサービスです。
ディレクトリサービスの例としては、WindowsActive Directory等が有名です。

このディレクトリサービスにおいて、普通のパソコンさんたちは元締めコンピュータとやり取りをします。
つまり、通信するわけです。

通信するときには、通信相手と認識を合わせる必要があります。
片方が日本語で話しかけているのに、もう片方が英語でお返事をしたら、上手くコミュニケーションが取れませんよね。
上手く意思疎通を行うには、あらかじめお約束事を決めておき、それを守る必要があるのです。

LDAP5

少し余談めいてしまいますが、通信するときに守るお約束事は、専門用語で「通信プロトコル」と言います。
余裕があれば、この機会に覚えてあげてください。

ここまでの説明で、ディレクトリサービスを利用する際には通信が発生することが分かりました。
通信するときにはお約束事が必要だということも分かりました。

それを踏まえて「ディレクトリサービスとやり取りするときに使う、通信する上でのお約束事(の中のひとつ)」が「LDAP」です。

Lightweight Directory Access Protocol」の頭文字を取って「LDAP」ね。
意味は「LightweightなDirectory Access Protocol」つまり「軽量なDAP」です。
元々、ディレクトリサービスさんとあれやこれやするお約束事として「DAP(Directory Access Protocol)」というお約束事がありました。
ところがどっこい、これが結構大がかりなやつでしてね。
「もう少しお手軽なのが欲しいんだよな~」ということでLDAPが生まれました。多分。

LDAPの細かい仕組みについては、ここでは触れません。
専門的に解説しているところで情報を補完してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「LDAP」って単語が出てきたら「通信する上でのお約束事のひとつで、ディレクトリサービスとやり取りするときに使うお約束事なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク