[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

POP3s

pointこの用語のポイント

pointPOP(POP3)とSSLが合体したものだよ

pointメール受信時の通信内容が暗号化されるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

POP3sとは

「POP over SSL」のこと。
つまり

メール受信に関するお約束事であるPOP(POP3)と、情報を暗号化して送受信するための仕組みであるSSLを合体させたもの
であり

やり取りが暗号化されるようになったPOP(POP3)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

POP over SSLは「SSLと合体してやり取りが暗号化されるようになったPOPPOP3)」ね。

POP3s

このPOP over SSLの別の表現が「POP3s(ポップスリーエス)」です。
POPの現在の主流はバージョン3のPOP3なので「POP3」にSSLを表す「s」を付けて「POP3s」なのでしょう。
なお、大文字・小文字は気にする必要ありません。
「POP3s」「POP3S」「pop3s」どれも同じ物を指しています。

一応これからもう少し詳しい説明を書いていきますが、ここから先の説明はPOP over SSLの説明と同じです。
既にPOP over SSLの解説をご覧になった方は、ここから先を読んでも意味は無いのでご注意ください。

それでは書いていきます。

まずSSLは「通信する上でのお約束事の一つで、インターネット上で情報を暗号化して送受信するための仕組み」ね。
細かい仕組みについては、用語「SSL」の解説をご覧ください。

POP3s2

POPは「通信する上でのお約束事のひとつで、メール受信に関するお約束事」です。
現在はバージョン3にあたるPOP3が主流になっています。

POP3s3

実はこのPOP(POP3)、やり取りする内容が暗号化されていません。
パスワードもメール本文もそのまんまの形で送られます。

これは、ちょっと怖いですよね。
悪い人が途中で盗み見たら、パスワードやメールの内容を知られてしまいます。

そこで通信の内容を暗号化することにしました。

でも、暗号化の仕組みを一から作るのは大変です。
既にある仕組みを利用して楽にできないかな~と考えていたどこかの誰かが、SSLに目を付けました。

SSLは通信の内容を暗号化するときに使うお約束事です。

ということはですよ。

POP(POP3)でやり取りする内容に対してSSLの仕組みを使えば、POP(POP3)でやり取りする内容を暗号化できるはずです。

POP3s4

うん!これはナイスアイディアですね。

その結果、生まれたがのがPOP3sです。
POP(POP3)とSSLが合体したもので、POP(POP3)でやり取りする内容がSSLによって暗号化されています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「POP3s」って単語が出てきたら「SSLと合体してやり取りが暗号化されるようになったPOP(POP3)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク