[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

POP

pointこの用語のポイント

point通信プロトコルだよ

pointメールの受信に関するお約束事だよ

pointメールのコピーをサーバからパソコンに持ってくるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

POPとは

通信するときに使うお約束事(通信プロトコル)のひとつ
であり

メール受信に関するお約束事
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「メール」と「通信プロトコルプロトコル)」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

メールは「電子メール」の省略表現で「パソコンさんの世界のお手紙機能」です。
とはいえ、普通に「メール」って言えば分かりますよね?

POP

通信プロトコルプロトコル)は「通信をするときに使うお約束事」です。

通信をするときには、足並みを揃える必要があります。
片方が日本語で話しかけたのに、もう一方が英語でお返事をしたのでは、コミュニケーションが成り立ちませんよね。
それと同じです。

POP2

そこで「○○通信をするときは××なお約束事に従ってやり取りしようね」と事前に決まっています。
言い方を変えると

通信をするときには、お約束事が必要

なのです。

この「通信するときに使うお約束事」を「通信プロトコル(プロトコル)」と言います。

POP3

以上を踏まえて、いろいろある通信プロトコルのひとつで、メールを受信するときに使うお約束事が「POP(ポップ)」です。

POP4

Post Office Protocol(ポスト・オフィス・プロトコル)」の略で「POP」ですが、別に覚える必要はありません。
覚えていても、たいして役に立たないと思います。

現在は、POPが改良された「POP3」(POPのバージョン3)が主流です。
そのため「POP」単体よりも「POP3」として目にすることの方が多いと思います。

POPでは、メールサーバPOPサーバ)に届いたメール(のコピー)を、パソコンさんに持ってきて見ます。
郵便受けに届いたお手紙を、お家の中に持ってきてから読むイメージです。

POP5

逆に直接メールサーバ(POPサーバ)にメールを読みに行くやり方もあります。
郵便受けに届いたお手紙を郵便受けの前で読んで、読み終わったら郵便受けの中に戻すイメージです。
こちらのやり方は「IMAP」と呼ばれています。

POP6

POP(POP3)とIMAPはどちらもメール受信に関するお約束事です。
余裕があればセットで覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「POP」って単語が出てきたら「通信する上でのお約束事のひとつで、メール受信に関するお約束事なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク