[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

プログラム言語

pointこの用語のポイント

pointプログラミング言語のことだよ

point人間様が分かる、コンピュータさんへ命令する言葉だよ

pointプログラム(の元ネタ)を書くときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

プログラム言語とは

「プログラミング言語」のこと。
つまり

人間様が分かるコンピュータさんへ命令する言葉のこと
であり

プログラムの元ネタ(ソースコード)を書くときに使う言葉
です。

image piyo

詳しく書くよ

プログラミング言語は「プログラムの元ネタ(ソースコード)を書くときに使う言葉」ね。

プログラムを作るときは、まず人間語でプログラムの元ネタ(ソースコード)を作ります。
料理で言えば、レシピを用意する作業です。

プログラム言語

次に、人間語で書かれた元ネタを、コンピュータさんが分かる言葉に翻訳(コンパイル)します。
料理で言えば、レシピからケーキを作る作業です。

プログラム言語2

これでコンピュータさんはプログラムの内容を理解できるようになりました。

プログラム言語3

あとはコンピュータさんがプログラムを実際に動かします。
料理で言えば、作ったケーキを食べる作業でしょうかね。

この流れをまとめると、以下のようになります。

プログラム言語4

ここでレシピ(プログラムの元ネタ:ソースコード)に注目してください。
このレシピを書くときに使われる言葉がプログラミング言語です。

そして、このプログラミング言語を意図したであろう表現が「プログラム言語」です。

実際のところ「プログラミング言語」という呼び方が一般的で「プログラム言語」という呼び方はあまりしません。
少なくとも私は、10年以上IT業界でお仕事をしていますが、お仕事上で「プログラム言語」という表現は聞いたことがないです。
言いたいことは伝わりますが、できれば「プログラミング言語」と表現するようにしてあげてください。
その方が専門家っぽく見えますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「プログラム言語」って単語が出てきたら「プログラムを書くときに使う言葉なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク