[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

syslog

pointこの用語のポイント

pointシステムのログを記録するやつだよ

pointUNIX系のOS(Linuxとか)で登場するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

syslogとは

Linuxのパソコンの中で起こったあれこれを記録するやつ。
もう少し正確に書くと

UNIX系のOS(Linuxとか)において、システム関連のログ(記録)を記録するための仕組み
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

OSは「パソコンさんの人格に相当するソフト」ね。
「これが無いとパソコンじゃねーよ」な基本ソフトです。
パソコンさんは、中にOSを入れることによって、パソコンとして動くことができます。

syslog

パソコンさんの中にWindowsを入れれば「はーい、ボクはWindowsだよー」な人格になりますし、Linuxを入れれば「ヘーイ、ミーはLinuxさー」な人格になります。

syslog2

このOSの中でも、Linuxとかは「UNIX系」と呼ばれたりします。
UNIXというOSがあるのですが、Linuxはそいつを元にした発展形だからです。

まずは

・OSはパソコンさんの人格に相当するソフト
・OSにはいろいろな種類がある
・OSの中にはUNIX系と呼ばれるやつらがいる


というのを覚えておいてください。

また、パソコンさんたちは、自分のやったことや自分の中で起こったことを日々、記録しています。

syslog3

これらの「コンピュータ世界におけるやったことや起こったことの記録」は「ログ」と言います。

パソコンさんは、自分のやったことをログとして残している

というのも覚えておいてください。

ここまでを踏まえて「UNIX系OSにおいて(システムの)ログを記録するやつ」が「syslog」です。
「syslog」の読みは「シスログ」ね。

実際のところ「syslogとは何ぞや?」というのを突っ込んで考え始めると、結構面倒くさいです。

「ログをネットワークを介してやり取りするための通信プロトコルである」だとか「UNIX系OSでログを取るためのプログラムである」とかいう説明を見かけるでしょう。
syslogdっていうデーモンがsyslogのサービスを提供している」のような説明を見かけるかもしれません。

よく分からなければ、気にしなくて良いです。
ポイントは

・(システムの)ログを記録する
・UNIX系のOS(Linuxとか)で登場する


の2点です。
それさえ押さえておけば、あとは前後の文脈から判断できると思います。

Windowsの方が分かりやすい人は、Windows系のOSにおけるイベントログ(を記録するやつ)のUNIX版だと思っても構いませんよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「syslog」って単語が出てきたら「UNIX系OSのパソコンの中にいてシステムのログを記録するやつなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク