[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

クローニング (cloning)

pointこの用語のポイント

point複製することだよ

pointパソコンの中身をそのまま複製したりするよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

クローニング (cloning)とは

何かを複製すること。
あるいは

パソコンの中身を丸ごと複製して他のパソコンに突っ込むこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

クローン人間のクローンです。
何かを複製することを「クローニング」と言います。

クローニング

転じて、パソコンの中身を丸ごと複製して、同じパソコンを増殖させることもクローニングと言います。

例えば、ピヨ太君の会社で新しいパソコンを100台買ったとしましょう。

クローニング2

この100台のパソコンをお仕事で使うためには、必要なソフトをえっちらおっちらと入れていかなくてはいけません。
お仕事をするためにはWordExcelが必要ですね。
あっ、そうそう。ピヨピヨ業務ソフトも欠かせません。
他にもあれやこれやのソフトを入れてあげる必要があります。

これらのソフトを100台のパソコンに一つずつ入れていくのは大変ですよね。

そこで、まず1台のパソコンさんを完璧に仕上げます。
いろんなソフトを入れて、お仕事で使える状態にするのです。

クローニング3

あとは、この完璧に仕上がった一台の中身を丸ごと引っこ抜いて(複製して)、残りの99台にそのまんま突っ込めば、お仕事で使えるパソコンが100台になります。

クローニング4

このように、パソコンさんの中身を丸ごと他のパソコンさんに複製することも「クローニング」と言います。
実際にはもうちょっと細かいあれやこれやをする必要がありますけどね。
大枠では、マスタとなるパソコンを一台用意して、その中身を引っこ抜いて他のパソコンに複製していく作業を指します。
キッティングとかパソコンのセットアップの話で「クローニング」と出てきた場合は、こちらの意味です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「クローニング」って単語が出てきたら「複製するんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク