[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ハイフン (hyphen)

pointこの用語のポイント

point文字だよ

point「-」だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ハイフン (hyphen)とは

横棒のこと。
つまり

『-』のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

Windows用のキーボードの場合ですが、右上の方にあるキーを押すと「-」が入力されますよね。
そいつがハイフンです。

ハイフン

ハイフンはいろんなところで登場します。
よく登場するのは、ファイル名や何やかやで複数の単語のつなぎの文字としてですね。

例えば

piyota-diary.txt

のように「piyota」と「diary」を続けて書くことで、ピヨ太君の秘密の日記だということを分かりやすくしたりできます。

後は、引き算のマイナスとして使われるアイツも実際にはハイフンと同じ記号ですね。

10 = 15 - 5

の「-」はハイフンと同じ文字です。

実はコンピュータの世界において「-」は「ハイフンマイナス」と呼ばれていて、ハイフンでありマイナスでもあるのです。
ですから、半角ハイフンと半角マイナスの区別はありません。同じ物です。

全角ハイフンと全角マイナスは区別されるみたいですけどね。
Windowsさんの文字変換機能によると、全角ハイフンは「‐」で全角マイナスは「-」だそうです。
見た感じ、微妙に違いますね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ハイフン」って単語が出てきたら「『-』のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク