[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ポートフォワード (port forward)

pointこの用語のポイント

point中継するよ

pointとあるドア(ポート)にやってきたデータを、別のところに転送するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ポートフォワード (port forward)とは

「ポートフォワディング」のこと。
つまり

特定のポートにやってきたデータを別のコンピュータに向かって送り出してやること
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

ポートは「ネットワークからパソコンさんにお邪魔するとき通るドア」ね。

ポートフォワード

ポートフォワーディングは「特定のポートにやってきたデータを中継すること」です。

ポートフォワード2

このポートフォワーディングの別の呼び方が「ポートフォワード」です。
別の呼び方って言う程、違いはありませんけどね。

登場シーンによって「ポートフォワーディング」と表現する場合と「ポートフォワード」と表現する場合がありますが、同じことを指すと思って大丈夫です。
違いはありません。好みの問題です。

ポートフォワーディングの説明でも書きましたが、一応簡単に説明しておきます。
既に、用語「ポートフォワーディング」の説明をご覧になった方は、適当に読み飛ばしてください。

例えば、ピヨ太君のパソコンの1000番ドアにやって来たデータをピヨ子さんのパソコンの2000番ドアに転送するように設定していたとしましょう。

ピヨ太君のパソコンの1000番ドアに来たデータはピヨ子さんのパソコンの2000番ドアに転送されます。

ポートフォワード3

1000番ドア以外に来たデータは、そのままピヨ太君のパソコンが受け取ります。

ポートフォワード4

これがポートフォワードです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ポートフォワード」って単語が出てきたら「特定のポートにやってきたデータを中継することなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク