[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

イメージファイル (image file)

pointこの用語のポイント

pointファイルだよ

point記憶媒体の中身をそのまんま取り出してファイルの形にしたものだよ

point複製したりバックアップしたりするときに作るよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

イメージファイル (image file)とは

CD-Rとかハードディスクの中身とかをそのまんま取り出したファイルのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

CD-Rの中身とかがそのまんま入ったファイルが「イメージファイル」です。

例えばここに一枚のCD-Rがあったとしましょう。
このCD-Rの中にはデータが入っています。

イメージファイル

ここにピヨ太君がやってきました。
なんか瓶を持っています。

イメージファイル2

瓶の中にはピヨ太君特製の「外側だけ溶かしちゃうぜ薬品」が入っています。
この薬品をぶっかけると、外側のプラスチックな円盤が溶けて、中身のデータだけが残るのです。

ピヨ太君は、外側だけ溶かしちゃうぜ薬品をCD-Rにぶっかけました。

イメージファイル3

その結果、CD-Rの外側は溶けてしまいました。
残ったのは中に入っていたデータだけです。
ちなみに、この残ったデータ、「CD-Rとかに入っていたそのまんまのデータ」は「イメージ」と呼ばれます。

イメージファイル4

ピヨ太君はこの残ったデータを、ファイルに入れて持って帰ることにしました。
残っていたデータをファイルの形にしちゃいます。

イメージファイル5

この「ファイルの形になったCD-Rとかに入っていたそのまんまのデータ」がイメージファイルです。

イメージファイル6

今回はCD-Rを例に出しましたが、ハードディスクとかでも同じですよ。
元の記憶媒体から中身をそのまんま抜き出して、ファイルの形にしたものです。

流れとしては、

記憶媒体(CD-R、ハードディスク等)
 ↓
データ(イメージ)
 ↓
ファイル(イメージファイル)


となります。

イメージファイル7

繰り返しになりますが、イメージファイルはCD-Rとかの中身のデータがそのまんまファイルになったものです。
ということは、逆の手順を行えば、複製や復元ができるということです。

例えば、イメージファイルの中身をそのまま取り出してCD-Rとかに入れれば、イメージファイルの元になったCD-Rと同じ物がもう一つできますよね。
あるいは、元々あったものがぶっ壊れたときに、イメージファイルの中身と丸々置き換えることで前の状態に戻すこともできるでしょう。
そのため、元々あったものを複製するときは当然として、バックアップを取るときにも使われたりします。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「イメージファイル」って単語が出てきたら「記憶媒体の中身をそのまんま取り出してファイルの形にしたものなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク