[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

集積回路 (IC)

pointこの用語のポイント

point電気回路の部品の詰め合わせだよ

point緑色の板にくっついている黒くて四角いアイツだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

集積回路 (IC)とは

パソコンの蓋をカパっと開けて中を覗くとくっついている緑の基盤に乗っかっている黒くて四角な部品のこと。
もう少し正確に書くと

電気回路の部品をいくつか合体させて一つの部品にしたもので、黒くて四角いアイツのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

パソコンの蓋を開けて中を除くと、機械の部品がいっぱい入っていますよね。
それらの部品の中には緑色の板があるはずです。
この緑色の板は「基盤」と呼ばれています。

集積回路(IC)

この基盤をじーっと見つめてください。

なんか黒くて四角い部品がくっついているはずです。
四角のそれぞれの辺には、銀色のギザギザした足っぽいのが付いていたりします。

集積回路(IC)2

この黒くて四角い部品が「集積回路」です。
Integrated Circuit(インテグレーティド・サーキット)」を省略して「IC」とも呼ばれます。
「ICチップ」の「IC」ですよ。

集積回路は文字通り「集積した回路(の部品)」です。
トランジスタや抵抗、コンデンサ、ダイオードなどの回路素子と呼ばれるちっこい部品がいくつか集められて、あの黒い四角の中に詰め込まれています。
「いくつか」と言いつつ、何千個とか何万個の桁ですけどね。

回路素子のセットメニューみたいなイメージです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「集積回路(IC)」って単語が出てきたら「電気回路の部品をいくつか合体させて一つの部品にしたものなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク