[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

スニッファ (sniffer)

pointこの用語のポイント

pointソフトだよ

pointネットワークを流れるデータを採取するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

スニッファ (sniffer)とは

パケットを盗聴するときに使うソフトのこと。
もう少し噛み砕くと

ネットワークの線の中を流れている通信用に細切れになったデータを採取するソフトのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「パケット」と「スニッフィング」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

パケットは「通信用に細切れになったデータ」です。

通信するときは、線が詰まらないように一旦データを細かく分割してから送ります。
細切れになって送られたデータは、受け取り側で元の形に復元されます。

スニッファ

この通信のために細切れにしたデータがパケットです。

スニッファ2

パケットの中身を盗み見る行為は「スニッフィング」と呼ばれています。

スニッファ3

普通の人がパケットの中身を見ても、よく分からないですけどね。
それなりの知識を持った人が覗くと、いろんなことが分かったりするのです。

以上を踏まえて、スニッフィングをするときに使うソフトが「スニッファ」です。

「スニッフィング(sniffing)」+「~する人(er)」で「スニッファ(sniffer)」です。
「人じゃないじゃん!」とツッコミたくなるかもしれませんが、ゆるく捉えてください。

パケットを人間様の手でえっちらおっちら採取するのは大変ですからね。
専用のソフトに手伝ってもらうのです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「スニッファ」って単語が出てきたら「ネットワークを流れている細切れデータを採取するソフトなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク