[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

SNTP

pointこの用語のポイント

point通信プロトコルだよ

pointネットワーク経由で時刻合わせをするときに使うよ

pointNTPの簡易版だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

SNTPとは

NTPの簡単版
であり

ネットワーク経由で時刻合わせをするときに使うお約束事
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「NTP」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

NTPは「ネットワーク経由で時刻合わせをするときに使うお約束事」です。
いわゆる「通信プロトコル」と呼ばれるやつのひとつですね。
Network Time Protocol(ネットワーク・タイム・プロトコル)」の頭文字を取って「NTP」です。

SNTP

以上を踏まえて、NTPの簡易版が「SNTP(エスエヌティーピー)」です。
「NTPって、ちょっと複雑でめんどっちーよねー。もうちょっと簡単にしようよ」という想いから生まれた……のかは分かりませんが、おそらく、それに近い経緯で誕生しました。

何てったって名前が「Simple Network Time Protocol(シンプル・ネットワーク・タイム・プロトコル)」の頭文字を取って「SNTP」ですからね。
文字通り「シンプルなNTP」なのです。

NTPの説明と同じですが、一応、ピヨ太君に登場してもらって、簡単に流れを見ておきましょう。

ある日、ピヨ太君はスーパーリッチな時計を買いました。
これは一生ものです。大事に使いたいです。

でも時計の正確さには限界があります。
使っていればそのうち時間がズレてくるでしょう。

ではどうすれば良いか?

そうですね。
定期的に時刻を合わせれば良いのです。
117の時報サービスに電話して、正しい時刻を知り、時刻合わせをしてあげれば末永く使えます。

めでたしめでたし。

パソコンさんも一緒です。

パソコンさんは、中に時計が付いています。

SNTP2

このパソコンさんの中の時計も、(設定にもよりますが)定期的に時刻合わせをしているのです。

どうやって?

時報サービスと一緒です。

ネットワークを経由して、時報サービスを提供しているサーバNTPサーバ)に「今、何時よ?」とお問い合わせをするのです。

SNTP3

そうすると時報サービスサーバから「今は○時だよ~」とお返事が返ってきます。

SNTP4

そのお返事を元に、パソコンさんは時刻合わせをしているのです。

SNTP5

これでパソコンさんも正確な時刻を刻み続けることができます。
めでたしめでたし。

この一連の流れで使っているお約束事がNTPだったりSNTPだったりです。
取りあえず「ネットワーク経由の時刻合わせで使うお約束事」「NTPの簡易版」というのを覚えてあげてください。
日常生活を送る分には、それで事足りると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「SNTP」って単語が出てきたら「ネットワーク経由で時刻合わせをするときに使うお約束事でNTPの簡易版なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク