[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

スタティックVLAN (static VLAN)

pointこの用語のポイント

pointVLANの分類だよ

pointスイッチの穴とネットワークの対応が固定だよ

point挿す穴によって所属するネットワークが決まるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

スタティックVLAN (static VLAN)とは

どの穴に線を挿すかによって所属するネットワークが決まるVLANのやり方。
もう少し正確に書くと

スイッチの穴に対してネットワークを割り当てるVLANのやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの内容は「ダイナミックVLAN」の説明とほぼ同じです。どちらか片方を読めば事足ります。

順番に見ていきましょう。
まずは「VLAN」のあれやこれやについて簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

VLANは「元々のネットワークを論理的に区切ったりまとめたりしたネットワーク」です。
スイッチと呼ばれるネットワーク機器にイタズラをすることで、物理的な配線とは異なったネットワークを作ることができます。

例えば、1つのネットワークに5台のコンピュータがつながっていたとしましょう。

スタティックVLAN

スイッチにイタズラをして、コンピュータ1は2としかやり取りできないようにしました。
当然2も1としかやり取りできません。

スタティックVLAN2

同じように3~5はお互いをやり取りできるようにしました。
ただし3~5は1、2とやり取りができません。

スタティックVLAN3

そうすると、物理的には1つのネットワークですが、論理的には2つのネットワークがある状態になります。

スタティックVLAN4

この「論理的なネットワーク」がVLANです。
実際につながっている線とは別の、意味上のネットワークですね。

さて、このVLANですが、実はやり方がいろいろあります。

1つずつ見ていきましょう。

まずはポートベースVLANです。
これは、どの穴に線を挿すかで所属するネットワークが決まります。
例えば、穴1、穴2に線を挿したコンピュータはネットワーク1、穴3、穴4、穴5に線を挿したコンピュータはネットワーク2、のような決め方です。

スタティックVLAN5

次はMACベースVLANです。
これは、ネットワークにつなぐコンピュータのMACアドレスによって、所属するネットワークが決まります。
例えば、MACアドレスがA、Bのコンピュータはネットワーク1、C、D、Eのコンピュータはネットワーク2、のような決め方です。

スタティックVLAN6

MACベースVLANでは、線を挿す穴は気にする必要がありません。
どの穴に挿そうとも、同じ結果になります。

スタティックVLAN7

次はサブネットベースVLANです。
これはMACベースVLANのIPアドレス版です。
ネットワークにつなぐコンピュータのIPCアドレスによって、所属するネットワークが決まります。
例えば、IPアドレスがA、Bのコンピュータはネットワーク1、C、D、Eのコンピュータはネットワーク2、のような決め方です。

スタティックVLAN8

サブネットベースVLANも、MACベースVLAN同様、線を挿す穴は気にする必要がありません。
どの穴に挿そうとも、同じ結果になります。

スタティックVLAN9

次は……と全部書いていきたいところですが、本題はそこではないので、VLANの種類の説明はこれくらいにしましょうか。
他にも

ユーザベースVLAN認証VLAN
プロトコルベースVLAN
タグVLANトランク接続トランクリンク


などがあります。

このようにVLANのやり方はいろいろあるのですが、これらのVLANは大きく2つに分けることができます。

それは

1.線を挿す穴によって所属するネットワークが決まるやり方のVLAN
2.接続する機器の中身によってネットワークが決まるやり方のVLAN


の2つです。

1.穴とネットワークの対応が固定なVLAN
2.穴とネットワークの対応が流動的なVLAN


とも言えますかね。

例えば、ポートベースVLANは、挿す穴によって所属するネットワークが決まります。
穴1に挿せばネットワーク1です。
これは、いつ、いかなるときでも変わりません。

スタティックVLAN10

一方、MACベースVLANをはじめとした諸々は、接続する機器のMACアドレスやIPアドレス、その他の情報によって所属するネットワークが決まります。
接続する機器によって、穴1がネットワーク1になることもあれば、ネットワーク2になることもあるのです。
どの穴に挿すかは、所属するネットワークを決める上で気にする必要はありません。

スタティックVLAN11

前振りが長くなりましたが、ここからが本題です。
この2つの分類

1.線を挿す穴によって所属するネットワークが決まるやり方のVLAN
  (穴とネットワークの対応が固定なVLAN)
2.接続する機器の中身によってネットワークが決まるやり方のVLAN
  (穴とネットワークの対応が流動的なVLAN)


のうち、前者の

1.線を挿す穴によって所属するネットワークが決まるやり方のVLAN
  (穴とネットワークの対応が固定なVLAN)


を指す呼び名が「スタティックVLAN」です。
文字通り、穴とネットワークの対応がスタティック(静的)なVLANです。

スタティックVLAN12

あと、ついでなので書いておくと

2.接続する機器の中身によってネットワークが決まるやり方のVLAN
  (穴とネットワークの対応が流動的なVLAN)


は「ダイナミックVLAN」と言います。
穴とネットワークの対応がダイナミック(動的)なVLANです。

スタティックVLAN13

気が向いたら、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「スタティックVLAN」って単語が出てきたら「指す穴によって所属するネットワークが決まるVLANのやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク