[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

オンボードグラフィック (on-board graphics)

pointこの用語のポイント

pointパソコンの部品(半導体チップ)だよ

point画像に関する処理を主に担当するよ

pointマザーボードにくっついてるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

オンボードグラフィック (on-board graphics)とは

マザーボードに直接くっついているGPUのこと。
もう少しふんわりと書くと

パソコンさんに最初から搭載されている、画像に関する処理を主に担当する部品(半導体チップ)
です。

image piyo

詳しく書くよ

まず最初に注意事項です。
このページの説明は「グラフィックボード」及び「GPU」の説明とかなり重複します。
既にそれらの説明をご覧になった方は、適当に読み流してください。

それでは本題です。

GPUは「画像処理を担当するパソコンの部品」ね。
物としては半導体チップです。

オンボードグラフィック

GPUはグラフィックボードの中心となる部品です。
グラフィックボードは板状の部品ですが、その板にくっついています。

オンボードグラフィック2

最近のパソコンさんでは、このGPUが最初からパソコンにくっついています。

オンボードグラフィック3

実際には、パソコンさんの上に乗っかっているわけではなくてマザーボードにくっついているのですけどね。

このマザーボードにくっついているGPUを「オンボードグラフィック」と言います。

ちなみに「オンボードグラフィック」と「オンボードグラフィック」のどちらが正しいかは分かりませんでした。
最後の「ス」はいるのでしょうか。いらないのでしょうか。
きっとどちらでも良いのでしょう。
※Google先生に尋ねたところ「オンボードグラフィック」が約137,000件、「オンボードグラフィックス」が約34,700件だったので、本ページでは「オンボードグラフィック」と表記しています。

また、技術は日々進歩しています。
例えば、現在では「GPUを統合したCPU」なんていうのも出てきていますよ。
見た目上、オンボードグラフィックは無いけど、実際にはCPUさんがその役割を果たしてくれるようです。

今後も少しずつ変わっていくと思います。
「オンボードグラフィック」という言葉も、いずれは使われなくなるかもしれませんね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「オンボードグラフィック」って単語が出てきたら「パソコンさんに最初からくっついている画像処理を担当する部品なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク