[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

GPU

pointこの用語のポイント

pointパソコンの部品(半導体チップ)だよ

point画像に関する処理を主に担当するよ

pointグラフィックボードとかマザーボードにくっついてるよ

point「グラフィックチップ」とか「ビデオチップ」とも呼ばれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

GPUとは

グラフィックボードの中心となる部品(ちょっと嘘)。
もう少し厳密に書くと

画像に関する処理を主に担当するパソコンさんの部品(半導体チップ)
です。

image piyo

詳しく書くよ

まず最初に、このページは「グラフィックボード」の説明を読んでからの方が、イメージを掴みやすいと思います。
お時間に余裕のある方は、用語「グラフィックボード」の説明を先にご覧ください。

それでは本題です。

「画面の無いパソコンはただの箱だ!」と言ったのは私ですが、パソコンさんを使うときにはモニタディスプレイ)が必要です。

GPU

パソコンさんは、自分のやっているお仕事の内容や現在の状況を画面に映します。

GPU2

私たちは、その画面を見て、パソコンさんにやるべきことを指示します。

GPU3

当然ですが、画面に映る内容はパソコンさんから指示されたものです。
パソコンさん本体が「これをこんな感じで画面に映せや!」と出した指示を、モニタさんが「へいへい、分かりましたよーだ」と承諾することで、画面に文字や絵が映ります。

GPU4

このとき「これをこんな感じで画面に映せや!」と指示を出すパソコン側の部品が「GPU」です。

GPU5

……あれ?
グラフィックボードの説明と同じですね。

手抜きでしょうか?

いえいえ、手抜きではありません。

GPUは、グラフィックボードにくっついている部品(半導体チップ)なのです。
グラフィックボードは板っぽい奴ですが、GPUはその板にくっついています。

GPU6

少し話が逸れますが、皆さんは「CPU」という用語を聞いたことはありますでしょうか。
CPUは、コンピュータの脳みそに相当するチップです。

GPU7

CPUとGPUは親戚同士です。
同じような半導体のチップですし、名前も似ています。

CPUが「Central Processing Unit(セントラル・プロセッシング・ユニット)」の略なのに対し、GPUは「Graphics Processing Unit(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)」の略です。
パクったのかってくらい似ていますよね。

繰り返しになりますが、GPUはグラフィックボードにくっついている半導体チップです。

GPU8

そのため、GPUは「グラフィックボードの部品」と言いたくなります。
ですが、この言い方は間違いではありませんが、正しくもありません。

実はですね。

最近のパソコンさんでは、GPUがパソコンさんに直接くっついているのです。

GPU9

実際にはパソコンさんの上に乗っかっているわけではなくてマザーボードにくっついていますが、これを「オンボードグラフィック」と言います。
グラフィックボードの説明で「実はグラフィックボードが無くても画面は映ります」と書きましたが、これがその理由です。

ちょっとややこしかったかもしれないので、もう一度整理しますね。

実際に画面を表示するために必要な部品はGPUです。
GPUは、最近のパソコンさんでは、マザーボードに最初からくっついています。
だから、グラフィックボードが無くても画面は映ります。

ただし、最初からくっついているGPUはパワフルではありません。
3D関連の処理とかをガツガツやらせると、テンパってしまいます。

そこで登場するのがグラフィックボードです。

グラフィックボードをパソコンさんにくっつけると、グラフィックボードにくっついているGPUさんがお仕事をします。
このグラフィックボードにくっついているGPUさんは、最初からいるGPUさんに比べてパワフルです。
結果として、3D関連の処理とかをガツガツやらせても、ひょいひょいこなしてくれるようになります。

GPU10

これがグラフィックボードとGPUの関係です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「GPU」って単語が出てきたら「画像処理を担当するパソコンの部品なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク