[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ビデオカード (video card)

pointこの用語のポイント

pointパソコンにくっつける部品だよ

pointモニタさんに「これをこんな感じで画面に映せ!」って指示するのがお仕事だよ

point最近のパソコンだと無くても画面自体は映るよ

point「グラフィックボード」とか「グラフィックカード」とも呼ばれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ビデオカード (video card)とは

パソコンに装着する部品で、画面表示のスペシャリスト。
もう少し真面目書くと

文字とか絵を画面に(綺麗に)表示するのがお仕事の、パソコンさんにくっつける部品のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「グラフィックボード」や「グラフィックカード」の説明と同じです。既にそれらの説明をご覧になった方は、読んでも意味が無いと思います。

「画面の無いパソコンはただの箱だ!」と言ったのは私ですが、パソコンさんを使うときにはモニタディスプレイ)が必要です。

ビデオカード

パソコンさんは、自分のやっているお仕事の内容や現在の状況を画面に映します。

ビデオカード2

私たちは、その画面を見て、パソコンさんにやるべきことを指示します。

ビデオカード3

当然ですが、画面に映る内容はパソコンさんから指示されたものです。
パソコンさん本体が「これをこんな感じで画面に映せや!」と出した指示を、モニタさんが「へいへい、分かりましたよーだ」と承諾することで、画面に文字や絵が映ります。

ビデオカード4

このとき「これをこんな感じで画面に映せや!」と指示を出すパソコン側の部品が「ビデオカード」です。

ビデオカード5

……と、ズバリ!な感じで書いておいてなんですが、ここまでの説明を読んで誤解する方もいると思うので、補足させてください。

実はビデオカードが無くても画面は映ります。

最近のパソコンさんでは、パソコンさんの中にある大事な部品「マザーボード」に、ビデオカードさんと似たようなお仕事をする部品がくっついているのです。
いわゆる「オンボードグラフィック」と呼ばれるものですが、これが付いているパソコンさん(市販品のほとんどのパソコンさん)は、ビデオカードが無くても画面が映ります。

ただし、このマザーボードにくっついている部品は、性能的には普通です。
必要最低限のお仕事はできますが、そこまで優秀ではありません。

それに対して、ビデオカードさんは画面表示関係のスペシャリストです。
「ママにくっついてる若造どもにはまだまだ負けんわいっ」って感じです。

だから、3Dな映像をあーだこーだしたりする人は、わざわざくっつけるのです。

ビデオカードをパソコンさんにくっつけてきちんと設定をすると、画面映り、特に3Dな映像の映りが綺麗になります。
普通にパソコンを使っている分には違いを感じませんが、画面表示関係で複雑なことをさせるときは違いが出てきますよ。
例えば、オンラインゲームをするときには、性能の良いビデオカードをくっつけることで、動作がカクカクしにくくなったります。

ちなみにビデオカードには「グラフィックボード」や「グラフィックカード」といった別の呼び方があります。
取りあえず、全部同じものだと思って構いません。
厳密には細かい違いがあるのかもしれませんが、使い分ける必要に迫られる機会は無いはずです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ビデオカード」って単語が出てきたら「パソコンにくっつける部品で、画面に文字や絵を(綺麗に)表示するのがお仕事なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク