[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

マルチレイヤスイッチ (multi layer switch)

pointこの用語のポイント

pointスイッチだよ

pointL3スイッチとかL4スイッチとかL7スイッチのことだよ

pointネットワーク層(レイヤ3)からアプリケーション層(レイヤ7)の情報を使ってデータの行き先を振り分けるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

マルチレイヤスイッチ (multi layer switch)とは

L3スイッチとかL4スイッチとかL7スイッチのこと。
もう少しちゃんと書くと

IPアドレスとかポート番号とか使うプログラムを見て交通整理をしてくれる「ネットワークにおける交通整理員さん」のこと
です。
ちょっと小難しい言い回しをすると

OSI参照モデルにおけるネットワーク層~アプリケーション層の情報を見て行き先を振り分けてくれるスイッチのこと
となります。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

スイッチは「ネットワークにおける交通整理員さん」ね。
ネットワーク中のデータを見て行き先を振り分けてくれる機器です。

マルチレイヤスイッチ

単に「スイッチ」と言った場合、一般的にはスイッチングハブL2スイッチ)を指します。
スイッチングハブ(L2スイッチ)はデータの中の宛先MACアドレスを見て、データの行き先を振り分けてくれる機器です。

マルチレイヤスイッチ2

ちょっと小難しい言い方になりますが、MACアドレスはOSI参照モデルにおけるデータリンク層レイヤ2)の情報です。

マルチレイヤスイッチ3

そのため「レイヤ2の情報を見て行き先を振り分けるスイッチ」の意味で「L2スイッチ」と呼ばれています。

さて、このスイッチさんですが、実はMACアドレスを見て行き先を振り分けてくれる奴だけではありません。

例えば、データの中の宛先IPアドレスを見て行き先を振り分けてくれるスイッチさんがいます。
このIPアドレスを見て行き先を振り分けてくれるスイッチさんは「L3スイッチ」と呼ばれています。

マルチレイヤスイッチ4

やっぱりちょっと小難しい言い方になりますが、IPアドレスはOSI参照モデルにおけるネットワーク層レイヤ3)の情報です。

マルチレイヤスイッチ5

「レイヤ3の情報を見て行き先を振り分けるスイッチ」だから「L3スイッチ」です。

スイッチは他にもあります。

データの中のポート番号を見て行き先を振り分けてくれるスイッチさんです。
ポート番号を見て行き先を振り分けてくれるスイッチさんは「L4スイッチ」と呼ばれています。

マルチレイヤスイッチ6

やっぱりちょっと小難しい言い方になりますが、ポート番号はOSI参照モデルにおけるトランスポート層レイヤ4)の情報です。

マルチレイヤスイッチ7

「レイヤ4の情報を見て行き先を振り分けるスイッチ」だから「L4スイッチ」です。

スイッチはまだあります。

そのデータをどんなプログラムで使うかによって、行き先を振り分けてくれるスイッチさんです。
使うプログラム……といっても実際には「HTTP」とか「FTP」とかですが、これらを見て行き先を振り分けてくれるスイッチさんは「L7スイッチ」と呼ばれています。

マルチレイヤスイッチ8

やっぱりちょっと小難しい言い方になりますが、どんなプログラムを使うかはOSI参照モデルにおけるアプリケーション層レイヤ7)の情報です。

マルチレイヤスイッチ9

「レイヤ7の情報を見て行き先を振り分けるスイッチ」だから「L7スイッチ」です。

長くなったので、ここまでを一旦整理すると

L2スイッチ:MACアドレスで振り分け
L3スイッチ:IPアドレスで振り分け
L4スイッチ:ポート番号で振り分け
L7スイッチ:使うプログラムで振り分け


MACアドレス:データリンク層(レイヤ2)の情報
IPアドレス:ネットワーク層(レイヤ3)の情報
ポート番号:トランスポート層(レイヤ4)の情報
使うプログラム:アプリケーション層(レイヤ7)の情報


となります。

それを踏まえて、ここまで挙げたスイッチのうち、L3スイッチ、L4スイッチ、L7スイッチ、あるいは(実際にあるのか分かりませんが)その複合型のスイッチが「マルチレイヤスイッチ」です。
ちょっと小難しい言い方をすると

ネットワーク層~アプリケーション層の情報を見て行き先を振り分けてくれるスイッチ



レイヤ3~レイヤ7の情報を見て行き先を振り分けてくれるスイッチ

と言えるでしょう。

別に難しく考える必要はありませんよ。
L2スイッチより上のレイヤの情報を見てデータの行き先を振り分けるのがマルチレイヤスイッチです。

マルチレイヤスイッチ10

L5スイッチ、L6スイッチは無い(もしかしたらあるかもしれませんが、一般的ではない)ので、それ以外のL3スイッチ、L4スイッチ、L7スイッチのことだとお考えください。
よく出てくるのは、L3スイッチですかね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「マルチレイヤスイッチ」って単語が出てきたら「レイヤ3~7までの情報を見て行き先を振り分けてくれるスイッチなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク