[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

マルチレイヤスイッチ (multi layer switch)

pointこの用語のポイント

pointスイッチだよ

pointL3スイッチとかL4スイッチとかL7スイッチのことだよ

pointネットワーク層(レイヤ3)からアプリケーション層(レイヤ7)の情報を使ってデータの行き先を振り分けるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

マルチレイヤスイッチ (multi layer switch)とは

L3スイッチとかL4スイッチとかL7スイッチのこと。
もう少しちゃんと書くと

IPアドレスとかポート番号とか使うプログラムを見て交通整理をしてくれる「ネットワークにおける交通整理員さん」のこと
です。
ちょっと小難しい言い回しをすると

OSI参照モデルにおけるネットワーク層~アプリケーション層の情報を見て行き先を振り分けてくれるスイッチのこと
となります。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

スイッチ
スイッチングハブ
L2スイッチ
L3スイッチ
L4スイッチ
L7スイッチ


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

スイッチは「ネットワークにおける交通整理員さん」です。
ネットワーク中のデータを見て行き先を振り分けてくれる機器です。

マルチレイヤスイッチ

単に「スイッチ」と言った場合、一般的にはスイッチングハブを指します。
スイッチングハブはデータの中の宛先MACアドレスを見て、データの行き先を振り分けてくれる機器です。

マルチレイヤスイッチ2

ちょっと小難しい言い方になりますが、MACアドレスはOSI参照モデルにおけるデータリンク層レイヤ2)の情報です。

マルチレイヤスイッチ3

そのため「レイヤ2の情報を見て行き先を振り分けるスイッチ」の意味で「L2スイッチ」と呼ばれています。

さて、このスイッチさんですが、実はMACアドレスを見て行き先を振り分けてくれるやつだけではありません。

例えば、データの中に書いてある宛先IPアドレスを見て行き先を振り分けてくれるスイッチさんがいます。
このIPアドレスを見て行き先を振り分けてくれるスイッチさんは「L3スイッチ」と呼ばれています。

マルチレイヤスイッチ4

やっぱりちょっと小難しい言い方になりますが、IPアドレスはOSI参照モデルにおけるネットワーク層レイヤ3)の情報です。

マルチレイヤスイッチ5

「レイヤ3の情報を見て行き先を振り分けるスイッチ」だから「L3スイッチ」です。

スイッチは他にもあります。

データの中のポート番号を見て行き先を振り分けてくれるスイッチさんです。
ポート番号を見て行き先を振り分けてくれるスイッチさんは「L4スイッチ」と呼ばれています。

マルチレイヤスイッチ6

やっぱりちょっと小難しい言い方になりますが、ポート番号はOSI参照モデルにおけるトランスポート層レイヤ4)の情報です。

マルチレイヤスイッチ7

「レイヤ4の情報を見て行き先を振り分けるスイッチ」だから「L4スイッチ」です。

スイッチの種類は、まだあります。

そのデータをどんなプログラムで使うかによって、行き先を振り分けてくれるスイッチさんです。
使うプログラム……といっても実際には「HTTP」とか「FTP」とかですが、これらを見て行き先を振り分けてくれるスイッチさんは「L7スイッチ」と呼ばれています。

マルチレイヤスイッチ8

やっぱりちょっと小難しい言い方になりますが、どんなプログラムを使うかはOSI参照モデルにおけるアプリケーション層レイヤ7)の情報です。

マルチレイヤスイッチ9

「レイヤ7の情報を見て行き先を振り分けるスイッチ」だから「L7スイッチ」です。

長くなったので、ここまでを一旦整理します。

・L2スイッチ:MACアドレスを見て振り分け
・L3スイッチ:IPアドレスを見て振り分け
・L4スイッチ:ポート番号を見て振り分け
・L7スイッチ:使うプログラムを見て振り分け


・MACアドレス:データリンク層(レイヤ2)の情報
・IPアドレス:ネットワーク層(レイヤ3)の情報
・ポート番号:トランスポート層(レイヤ4)の情報
・使うプログラム:アプリケーション層(レイヤ7)の情報


です。

以上を踏まえて、ここまで挙げたスイッチのうち、L3スイッチ、L4スイッチ、L7スイッチ、あるいは(実際にあるのか分かりませんが)その複合型のスイッチが「マルチレイヤスイッチ」です。
ちょっと小難しい言い方をすると

ネットワーク層~アプリケーション層の情報を見て行き先を振り分けてくれるスイッチ



レイヤ3~レイヤ7の情報を見て行き先を振り分けてくれるスイッチ

と言えるでしょう。

別に難しく考える必要はありませんよ。
L2スイッチより上のレイヤの情報を見てデータの行き先を振り分けるスイッチがマルチレイヤスイッチです。

マルチレイヤスイッチ10

L5スイッチ、L6スイッチは無い(もしかしたらあるかもしれませんが、一般的ではない)ので、それ以外のL3スイッチ、L4スイッチ、L7スイッチのことだと思ってください。
よく出てくるのは、L3スイッチですかね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「マルチレイヤスイッチ」って単語が出てきたら「レイヤ3~7までの情報を見て行き先を振り分けてくれるスイッチなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク