[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

トラックバック (trackback)

pointこの用語のポイント

pointリンク張ったよのお知らせ機能だよ

point言い方を変えると自動相互リンク作成機能だよ

point被リンクの作成機能と解釈することもできるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

トラックバック (trackback)とは

「(-O-)<リンク張ったよー」とリンク先にお知らせする機能のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

恐らく元々の意味はこれです(--)b

そこから派生して

(-O-)<リンク張ったよー

とお知らせされた方が

リンク張ってもらったよー>(*′O`*)

のリンクを張り返すまで、いわゆる「自動相互リンク」を「トラックバック」と呼ぶようになったのでしょう。
まぁ確かにトラックバック通知を受け取ったら自動的にリンク作成するだけだから技術的には難しくないですもんね。

調べた訳ではありませんが「トラックバック」の仕組みを利用してちょいと便利にしたらその部分まで含めて「トラックバック」と呼ばれるようになったって感じかと思います。

ここら辺までが恐らく本来の意味っ(-。-)ぼそっ

さて、ここで悪い人が考えました。

別にこっちからリンクしなくてもいーんじゃね(--?

って。

まぁ確かにね。

「『自動』相互リンク」ですから「リンク張ったよ~」の通知さえ送ればこっちがリンク張らなくてもリンクされちゃいます。
悪い人たちは自分はリンクしないで「リンク張ったよ~」の通知だけ送って被リンクを量産しました。

その結果、善良な一般市民の中にも

「トラックバック」ってーのは相手の記事に自分のリンクを作成する機能だ!

と解釈する人が出てきちゃったのです。
根拠はないけど多分ね。

と言う訳で「トラックバックとはなんぞや?」については

1.リンク張ったよの通知機能
2.自動相互リンク作成機能
3.被リンクの作成機能


の3つの解釈が可能だと思います。

そんでもって、サイトや文献によってどの解釈について説明しているのかが異なります。

だから真面目に「たくさんの情報を」調べれば調べるほど、トラックバックが何なのか分からなくなるのだと思います(--)ノ

そりゃ~ねぇ。
「1.」についての説明読んだあとに「2.」の説明を読んで、しかもそれが同じ物とされていたら混乱しますって。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「トラックバック」って単語が出てきたら「リンク張ったよーとリンク先にお知らせする機能のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク