[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

IPパケット

pointこの用語のポイント

point通信用に細切れになったデータだよ

pointIPってお約束事に従ってるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

IPパケットとは

IPってお約束事に従って通信するときにやり取りされるデータのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「IP」と「パケット」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

IPは「インターネット通信用のお約束事」です。
Internet Protocol(インターネット・プロトコル)」の略で「IP」です。

パケットは「通信用に細切れにしたデータ」です。
突然ですが、フランスパンを食べるところを想像してみてください。
一本丸々咥えたら息が詰まりますよね?

IPパケット

ですから、フランスパンを食べるときは、ちぎって少しずつ食べます。

IPパケット2

通信も同じで、一度にまとめて送ろうとすると、線が詰まっちゃうのです。
だから、データを一旦細切れにして少しずつ送り、送った先で元に戻します。

IPパケット3

このときの、送るために細切れにしたデータを「パケット」と言います。

以上を踏まえて本題です。

「IPってお約束事に従って通信するために、一旦細切れにされたデータ」が「IPパケット」です。
ポイントは

1.IPってお約束事に従っていますよ
2.通信用に一旦細切れにされたデータですよ


の2点ですね。
要は、IP通信をしているときに線の中をうねうね通っているデータのことです。

ここで、パケットという点に注目して、もう少し見てみましょう。
パケットは基本的に、ヘッダ部とデータ部から成り立っています。

IPパケット4

ヘッダ部は、お手紙に例えると「封筒」です。
「どこに送りますよ~」な情報だとか、その他、やり取りする上で必要なことが書かれています。

データ部は、お手紙に例えると「便箋」です。
実際に伝えたい内容が書いてあります。

IPパケットもパケットです。
IPヘッダと呼ばれるヘッダ部と、実際に送りたい内容のデータ部で出来あがっています。

IPパケット5

ここで大事なのはヘッダ部です。
データは何でも構いません。

このヘッダ部がIPでやり取りするとき用の形になっているのです。

例えばTCPパケットはヘッダ部がTCPでやり取りするとき用の形になっていますし、イーサネットフレームはヘッダ部がイーサネットでやり取りするとき用の形になっています。

ちょっと話が逸れてしまいますが「TCP/IP」という用語を聞いたことはありませんか。
「TCP/IP」はインターネットにも使われているお約束事で「TCPとIP」のことです。
「TCP」というお約束事と「IP」というお約束事2つをセットにして「TCP/IP」と表現しています。

TCP/IPにおける通信では、まず、データにTCPヘッダを付けてTCPパケットにします。

IPパケット6

できあがったTCPパケットに、更にIPヘッダを付けてIPパケットにします。

IPパケット7

これで元々のデータは、TCPでやり取りする形になり、さらにIPでやり取りできる形になりました。
IPパケットの状態ではIPのお約束事に従ってやり取りできますし、TCPのお約束事に従う段階になったら、IPヘッダを脱ぎ捨ててTCPパケットの状態になれば良いのです。

IPパケット8

これを専門用語で「TCPパケットをIPパケットにカプセル化する」と言ったりします。

実際には、それに更にイーサネットヘッダを付けてイサーネットフレームにして送ってやりますけどね。

IPパケット9

雑談めいてしまいましたが、余裕があれば、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「IPパケット」って単語が出てきたら「IPで通信するとき用のデータなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク