[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ユーザCAL

pointこの用語のポイント

pointクライアントアクセスライセンス(CAL)の種類だよ

pointWindowsサーバの話で出てくるよ

point人の数を基準に考えるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ユーザCALとは

WindowsサーバのCALの種類で「使う人の数を基準に考えますよ」なCAL
です。

image piyo

詳しく書くよ

CALは「クライアントアクセスライセンス」の略で「うむ、お前さんはサーバの機能を使って良いぞよ」な権利ね。
パソコンとかからサーバの機能を使うときに必要なライセンスです。

Windowsサーバを使うときにもCALが必要になりますが、WindowsサーバのCALにはいくつかの種類があります。
そのうちの一つで「使う人の数を基準にして数を数えるCAL」が「ユーザCAL」です。

なお、ユーザCALと同列に並ぶものに「使う端末(コンピュータ)の数」を基準にして数を数える「デバイスCAL」があります。
セットで登場することも多いので、併せて覚えてあげてください。

例えば、ピヨ太君が一人で2台のパソコンを使って、サーバの機能を使ったとしましょう。

ユーザCAL

サーバの機能を使っているのは、2台のパソコンさんです。
それと同時に、一人のピヨ太君でもあります。

このとき、使う人基準のユーザCALを用意するのであれば1つで済みます。
サーバの機能を使っているのは一人ですからね。

ユーザCAL2

一方、端末基準のデバイスCALを用意するのであれば2つ必要です。
サーバの機能を使っているのは2台ですからね。

ユーザCAL3

これがユーザCALとデバイスCALの違いです。

マイクロソフトさんの説明によると

人の数 < コンピュータの数

であればユーザCALを、

人の数 > コンピュータの数

であればデバイスCALを買った方が、お得だそうです。
少ない方を基準に数を数えるようにするわけですね。
「人の出入りが多くて人数の増減が激しい」「近々、パソコンをいっぱい買う予定だ」などの個別の事情を考慮する必要もありますが、一つの目安にはなると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ユーザCAL」って単語が出てきたら「使う人の数を基準にして数を数えるCALなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク