[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ナローバンド (narrowband)

pointこの用語のポイント

point通信回線だよ

pointブロードバンドと比較して低速だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ナローバンド (narrowband)とは

ブロードバンドさんの引き立て役。
もとい

「ブロードバンド」と対比される用語で、ブロードバンドより低速な通信回線のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として、回線の種類と「ブロードバンド」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

インターネットの回線は、技術の進歩と共に

ダイヤルアップ接続
 ↓
ISDN
 ↓
ADSL
 ↓
光回線


のように、どんどん新しいのが出てきました。
基本的には新しい方が速くなっています。

これらの回線のうち、ADSL以降を指して「ブロードバンド」と呼びます。
今後、新しい回線が出てきたら、それもブロードバンドに含まれると思います。

ナローバンド

以上を踏まえて、ブロードバンドよりしょぼいやつ、ダイヤルアップ接続やISDNを指す呼び名が「ナローバンド」です。

ナローバンド2

ナローバンドは「低速な通信回線」を意味する用語です。
ただし、比較対象はブロードバンドです。
あくまで「ブロードバンドと比較して」低速です。

ナローバンド3

本当のところは分かりませんけどね。
おそらく、ADSLあたりが出たときに「今までよりも速くなったよ!」とアピールしたかったのでしょう。
そこで「今までより速いよ!」を意味する用語として「ブロードバンド」という用語を作ったのだと思います。

そして「ブロードバンド」という用語を作ったことにより、ブロードバンドじゃない方の呼び名も必要になりました。
そこで「ブロードバンドじゃない方」を指す用語として「ナローバンド」という用語を作ったのでしょう。

根拠のない推測ですけどね。
そこまで間違ってはいないはずです。

ということで、それぞれの用語の意味は

ナローバンド:ブロードバンドより遅いやつだよ!
ブロードバンド:ナローバンドより速いやつだよ!


です。

「う~ん、いまいち意味のつかみにくい用語だなぁ」と思った方は正解です。
たいして意味のない用語です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ナローバンド」って単語が出てきたら「ブロードバンドと比較して速くない通信回線なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク