[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

クライアントアクセスライセンス (CAL)

pointこの用語のポイント

pointライセンスだよ

pointクライアントからサーバの機能を使うために必要だよ

point使う人一人につき一つ必要だけど、何をもって「一人」と数えるかは、ライセンスの種類によって違うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

クライアントアクセスライセンス (CAL)とは

クライアントPCがサーバの機能を使うときに必要なライセンス。
もう少し噛み砕くと

「うむ、お前さんはサーバの機能を使って良いぞよ」な権利のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

サーバ
クライアント
アクセス
ライセンス


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

サーバは「サービスや機能を提供する側のコンピュータ」です。
「○○サーバ」と出てきたら「○○関連のサービスを提供しているコンピュータ」と読み替えてください。
よく分からない人は、単に「コンピュータ」と読み替えてしまっても構いません。
それでも、ある程度の意味は掴めるはずです。

クライアントアクセスライセンス(CAL)

クライアントは「サービスや機能を利用する側のコンピュータ」です。
サーバさんとやり取りして、サーバさんの提供するサービスを利用するやつを指します。

クライアントアクセスライセンス(CAL)2

アクセスは「ちょっかいを出しに行くこと」です。
「ね~ね~、遊んでよ~」と突撃します。

クライアントアクセスライセンス(CAL)3

ライセンスは「権利」です。
コンピュータの世界では「使っていーよ」な権利を指すことが多いです。

クライアントアクセスライセンス(CAL)4

以上を踏まえて「クライアントがサーバにアクセスするためのライセンス」つまり「使う方のコンピュータが使われる方のコンピュータにちょっかいを出すための権利」が「クライアントアクセスライセンス」です。
Client Access License(クライアント・アクセス・ライセンス)」を省略して「CAL(キャル)」と呼ばれることも多いです。
また「クライアントアクセスライセンスが5つ」であれば「5CAL」、「クライアントアクセスライセンスが10個」であれば「10CAL」のように「○CAL」という形でライセンスの数を表現したりもします。

クライアントアクセスライセンス(以下CAL)は、基本的に、使う人一人につき一つ用意しなくてはいけません。
例えば、サーバの機能を5人で使いたければ、CALが5つ必要です。
ただし、何をもって「一人」と数えるかはCALの種類によって変わります。

Windowsサーバを例に挙げると、2014年11月現在のWindowsサーバのCALには「接続デバイス & ユーザー数モード」と「同時使用ユーザー モード」の2種類あります。
さらに「接続デバイス & ユーザー数モード」には「デバイスCAL」と「ユーザCAL」の二種類がありますので、全部で

・接続デバイス & ユーザー数モードのデバイスCAL
・接続デバイス & ユーザー数モードのユーザCAL
・同時使用ユーザー モードのCAL


の3種類あることになります。

まずは「接続デバイス & ユーザー数モード」から見ていきましょう。

デバイスCALは「使う端末(コンピュータ)の数を基準に考えるCAL」です。
一方のユーザCALは「使う人の数を基準に考えるCAL」になります。

例えば、ピヨ太君が一人で2台のパソコンを使って、サーバの機能を使ったとしましょう。

クライアントアクセスライセンス(CAL)5

サーバの機能を使っているのは、2台のパソコンさんです。
それと同時に、一人のピヨ太君でもあります。

このとき、端末基準のデバイスCALを用意するのであれば2つ必要です。
サーバの機能を使っているのは2台ですからね。

クライアントアクセスライセンス(CAL)6

一方、使う人基準のユーザCALを用意するのであれば1つで済みます。
サーバの機能を使っているのは一人ですからね。

クライアントアクセスライセンス(CAL)7

もう一つ例を見てみましょう。

2台のパソコンでぺちぺちやっていたピヨ太君の元に、ピヨ子さんが遊びにきました。
「私もパソコン使いたいわ」とピヨ太君に言います。

ピヨ太君はピヨ子さんにパソコンを一台貸しました。

そしたら、あら大変。
ピヨ子さんがパソコンを使い始めた途端、煙がもくもく出てきてパソコンが壊れてしまったのです。

ピヨ子さんはションボリです。
心優しいピヨ太君は言いました。

「こっちのパソコンを交代しながら一緒に使おうよ」

1台のパソコンを二人で使うことにしたのです。

クライアントアクセスライセンス(CAL)8

さて、ここでCALに注目してみましょう。

サーバの機能を使っているのは、1台のパソコンさんです。
でも、そのパソコンさんをピヨ太君とピヨ子さんが一緒に使っています。
つまり、使っているのは二人です。

このとき、端末基準のデバイスCALを用意するのであれば1つで構いません。
サーバの機能を使っているのは1台ですからね。

クライアントアクセスライセンス(CAL)9

一方、使う人基準のユーザCALを用意するのであれば2つ必要です。
サーバの機能を使っているのは二人ですからね。

クライアントアクセスライセンス(CAL)10

マイクロソフトさんの説明によると

人の数 > コンピュータの数

であればデバイスCALを、

人の数 < コンピュータの数

であればユーザCALを買った方が、お得だそうです。
少ない方を基準に数を数えるようにするわけですね。
「人の出入りが多くて人数の増減が激しい」「近々、パソコンをいっぱい買う予定だ」などの個別の事情を考慮する必要もありますが、一つの目安にはなると思います。

これがWindowsサーバにおける「接続デバイス & ユーザー数モード」のCALに関する説明です。

次に「同時使用ユーザー モード」のCALを説明します。

同時使用ユーザー モードのCALは単純に「何人まで同時アクセスできるか」です。
「今、使っている人」を「一人」と数えます。

例えば、5CALであれば5台まで同時に使うことができます。
端末は1台だろうと100台だろうと構いません。
使う人も一人だろうと百人であろうと大丈夫です。
単純に「同じタイミングで何人が使っているか」だけが判断基準になります。

クライアントアクセスライセンス(CAL)11

少し余談めいてしまいますが「同時使用ユーザー モード」はCALをサーバさんが持っていて、必要に応じて貸し出すイメージです。

例えば、サーバさんが5CAL持っていたとしましょう。

クライアントアクセスライセンス(CAL)12

一台のパソコンさんが接続してきたのでCALを一つ貸し出します。

クライアントアクセスライセンス(CAL)13

サーバさんが持っているCALは残り4になりました。

クライアントアクセスライセンス(CAL)14

接続していたパソコンさんが帰りました。
そのとき貸していたCALを返してもらうので、サーバさんが持っているCALは残り5に戻ります。

クライアントアクセスライセンス(CAL)15

おっと、今度は5人同時に遊びにきました。

クライアントアクセスライセンス(CAL)16

一人につき一つずつ、CALを貸し出します。

クライアントアクセスライセンス(CAL)17

サーバさんが持っているCALはもうありません。
すべて貸し出してしまいました。

クライアントアクセスライセンス(CAL)18

おやおや、また誰かが遊びにきたようです。

クライアントアクセスライセンス(CAL)19

でも残念、サーバさんはもうCALを持っていません。
だから、CALを貸し出せません。
CALが無ければサーバの機能を使わせるわけにはいかないので、可哀想ですが断ります。
「今遊びに来てる誰かが帰ってCALが手元に戻ってきたころにまた来てよ」と言うしかありません。

クライアントアクセスライセンス(CAL)20

これが「同時使用ユーザー モード」におけるCALの使い方です。
CALを貸し出したり返してもらうことによって「一人に一つ」の「一人」を「今使っている人」にしています。

このように、用意するCALの種類によって、何をもって「一人」と数えるかが変わります。
CALを購入する際には、頑張って調べてください。
CALの種類によって掛かる費用が変わることもありますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「クライアントアクセスライセンス(CAL)」って単語が出てきたら「パソコンとかからサーバの機能を使うために必要なライセンス(権利)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク